年会費を払う価値があるクレジットカードまとめ【2019】

クレジットカードには年会費がかかるカードとかからないものがあります。

その金額もさまざま。数千円のものもあれば、6桁にもなる高額なクレジットカードもあります。

最近は年会費無料のクレジットカードもよく見られますが、年会費のかかるクレジットカードは果たして持つ価値があるのでしょうか

年会費を払う価値があるクレジットカードまとめ
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • JCBゴールド
  • 楽天ゴールドカード
  • dカード GOLD
  • au WALLET ゴールドカード

今回は、年会費を払う価値のあるクレジットカードをいくつかピックアップしてみました。

それらのクレジットカードのサービス内容やポイント還元率を詳しく紹介するので、自分がお得だと思うクレジットカードを見つけてみてください。

クレジットカードの年会費の相場はどのくらい?

まず、現在のクレジットカードの年会費の相場について解説をしていきます。

  • 一般グレード:0円~1,500円程度
  • 下級ゴールドカード:2,000円程度
  • 中級ゴールドカード:5,000円程度
  • ゴールドカード:10,000円~35,000円程度
  • プラチナカード:20,000円~50,000円程度
  • ブラックカード:100,000円~350,000円程度

このように、一般グレードと最高ランクのブラックカードの年会費の差は大きいです。

しかし、年会費無料のクレジットカードも多数ある中、誰もがみな年会費無料のクレジットカードに飛びつこうとはしません

好んで年会費の高いクレジットカードを選ぶ人もたくさんいます。

それは何故なのでしょうか。年会費無料のクレジットカードと年会費の高いクレジットカードのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

年会費無料のクレジットカードのメリット

年会費無料のクレジットカードも、今では当たり前のようにたくさんあります。

年会費無料の中でも、以下のようにさまざまなタイプがあります。

  • 永年無料:入会中ずっと年会費がかからない
  • 初年度のみ年会費無料:入会した最初の年だけ無料、2年目以降は年会費がかかる
  • 条件付き年会費無料:年間◯万円以上利用で無料、リボ払い利用で無料など

そんな年会費無料のクレジットカードにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

維持費がかからない

年会費無料のクレジットカードの最大のメリットは、当然ですが維持費が一切かからないことです。

そのため、初めてクレジットカードを作ろうとしている人や、試しに入会してみようという人にも適しています。

使うかどうかわからなくても、年会費無料ならリスクはありません。

審査に通りやすいと言われている

年会費無料のクレジットカードは、有料のものに比べると審査に通りやすいと言われています。

年会費無料のクレジットカードはステータス性が低いため、審査基準も低いのだと考えられます。

学生や主婦など、収入が少ない人も年会費無料のクレジットカードなら持てる可能性があります。

無料でポイント還元やサービスが受けられる

年会費無料でも、ポイント還元率が高いもの、特定のお店での優待サービスが受けられるものなどがあります。

そのため、年会費無料=プラスマイナスゼロではなく、プラスになるという考え方もできます。

年会費無料のクレジットカードのデメリット

年会費が無料である分、手厚いサービスは期待できません。強いて言えばそれがデメリットです。

また、ポイントが貯まりづらい、限度枠が小さいといった特徴もあります。

サービスが少ない

旅行保険や空港ラウンジの無料利用、特定のお店での優待利用のようなサービスがほぼありません。

旅行保険がついていないクレジットカードも多く、仮に空港ラウンジを利用できても年間の利用回数の制限が設けられています。

年会費の高いクレジットカードのメリット

クレジットカードの年会費は、上を見たらキリがありません。最上級のブラックカードの中には、年会費が30万円を超えるものも…。

そんな年会費の高いクレジットカードのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ステータスが高い

年会費の高いクレジットカードは、基本的にゴールドカードやプラチナカードなどランクが高いです。

クレジットカードのステータスが自分自身の社会的地位や立場を証明するものになることもあるため、立場上ステータスの高いカードが必要な人もいるでしょう。

手厚いサービスが受けられる

年会費の高いクレジットカードには、旅行中に事故で死んでしまった・後遺症が残ってしまったという場合に1億円単位の補償が付帯されているなど、手厚い保険サービスが備わっています。

高級ホテルや旅館の優待利用、グルメやワインを楽しめる、レストランがお得に利用できるなどの特典も満載です。

一概には言えませんが、年会費とサービスの充実度はある程度比例していると考えてください。

年会費の高いクレジットカードのデメリット

用意されている特典やサービスが自分のニーズに合わなかった場合、コストパフォーマンスが悪く感じられるかもしれません。

宝の持ち腐れにならないよう、年会費有料のクレジットカードに入会する際は特典やサービスをしっかりチェックしましょう。

年会費無料と年会費の高いカードのメリット・デメリット
  • 年会費無料のカードなら審査に通りやすいかも
  • 年会費無料でもポイント還元やサービスは受けられる
  • 年会費無料だと旅行保険などのサービスがあまりない
  • 年会費の高いクレジットカードはステータス性が高い
  • 年会費が高いほど旅行保険やレストランなどのサービスが充実している
  • 年会費の高いクレジットカードは自分のニーズに合わないと宝の持ち腐れになってしまう

次のページでは、年会費を払う価値のあるクレジットカードを実際に挙げ、その基本情報や特徴を見ていきましょう。
ゴールドカードおすすめランキング|比較してあなたに最適な1枚を提案