年会費を払う価値があるクレジットカードまとめ【2019】

クレジットカードには年会費がかかるカードとかからないものがあります。

その金額もさまざま。数千円のものもあれば、6桁にもなる高額なクレジットカードもあります。

最近は年会費無料のクレジットカードもよく見られますが、年会費のかかるクレジットカードは果たして持つ価値があるのでしょうか

年会費を払う価値があるクレジットカードまとめ
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • JCBゴールド
  • 楽天ゴールドカード
  • dカード GOLD
  • au WALLET ゴールドカード

今回は、年会費を払う価値のあるクレジットカードをいくつかピックアップしてみました。

それらのクレジットカードのサービス内容やポイント還元率を詳しく紹介するので、自分がお得だと思うクレジットカードを見つけてみてください。

クレジットカードの年会費の相場はどのくらい?

まず、現在のクレジットカードの年会費の相場について解説をしていきます。

  • 一般グレード:0円~1,500円程度
  • 下級ゴールドカード:2,000円程度
  • 中級ゴールドカード:5,000円程度
  • ゴールドカード:10,000円~35,000円程度
  • プラチナカード:20,000円~50,000円程度
  • ブラックカード:100,000円~350,000円程度

このように、一般グレードと最高ランクのブラックカードの年会費の差は大きいです。

しかし、年会費無料のクレジットカードも多数ある中、誰もがみな年会費無料のクレジットカードに飛びつこうとはしません

好んで年会費の高いクレジットカードを選ぶ人もたくさんいます。

それは何故なのでしょうか。年会費無料のクレジットカードと年会費の高いクレジットカードのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

年会費無料のクレジットカードのメリット

年会費無料のクレジットカードも、今では当たり前のようにたくさんあります。

年会費無料の中でも、以下のようにさまざまなタイプがあります。

  • 永年無料:入会中ずっと年会費がかからない
  • 初年度のみ年会費無料:入会した最初の年だけ無料、2年目以降は年会費がかかる
  • 条件付き年会費無料:年間◯万円以上利用で無料、リボ払い利用で無料など

そんな年会費無料のクレジットカードにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

維持費がかからない

年会費無料のクレジットカードの最大のメリットは、当然ですが維持費が一切かからないことです。

そのため、初めてクレジットカードを作ろうとしている人や、試しに入会してみようという人にも適しています。

使うかどうかわからなくても、年会費無料ならリスクはありません。

審査に通りやすいと言われている

年会費無料のクレジットカードは、有料のものに比べると審査に通りやすいと言われています。

年会費無料のクレジットカードはステータス性が低いため、審査基準も低いのだと考えられます。

学生や主婦など、収入が少ない人も年会費無料のクレジットカードなら持てる可能性があります。

無料でポイント還元やサービスが受けられる

年会費無料でも、ポイント還元率が高いもの、特定のお店での優待サービスが受けられるものなどがあります。

そのため、年会費無料=プラスマイナスゼロではなく、プラスになるという考え方もできます。

年会費無料のクレジットカードのデメリット

年会費が無料である分、手厚いサービスは期待できません。強いて言えばそれがデメリットです。

また、ポイントが貯まりづらい、限度枠が小さいといった特徴もあります。

サービスが少ない

旅行保険や空港ラウンジの無料利用、特定のお店での優待利用のようなサービスがほぼありません。

旅行保険がついていないクレジットカードも多く、仮に空港ラウンジを利用できても年間の利用回数の制限が設けられています。

年会費の高いクレジットカードのメリット

クレジットカードの年会費は、上を見たらキリがありません。最上級のブラックカードの中には、年会費が30万円を超えるものも…。

そんな年会費の高いクレジットカードのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ステータスが高い

年会費の高いクレジットカードは、基本的にゴールドカードやプラチナカードなどランクが高いです。

クレジットカードのステータスが自分自身の社会的地位や立場を証明するものになることもあるため、立場上ステータスの高いカードが必要な人もいるでしょう。

手厚いサービスが受けられる

年会費の高いクレジットカードには、旅行中に事故で死んでしまった・後遺症が残ってしまったという場合に1億円単位の補償が付帯されているなど、手厚い保険サービスが備わっています。

高級ホテルや旅館の優待利用、グルメやワインを楽しめる、レストランがお得に利用できるなどの特典も満載です。

一概には言えませんが、年会費とサービスの充実度はある程度比例していると考えてください。

年会費の高いクレジットカードのデメリット

用意されている特典やサービスが自分のニーズに合わなかった場合、コストパフォーマンスが悪く感じられるかもしれません。

宝の持ち腐れにならないよう、年会費有料のクレジットカードに入会する際は特典やサービスをしっかりチェックしましょう。

年会費無料と年会費の高いカードのメリット・デメリット
  • 年会費無料のカードなら審査に通りやすいかも
  • 年会費無料でもポイント還元やサービスは受けられる
  • 年会費無料だと旅行保険などのサービスがあまりない
  • 年会費の高いクレジットカードはステータス性が高い
  • 年会費が高いほど旅行保険やレストランなどのサービスが充実している
  • 年会費の高いクレジットカードは自分のニーズに合わないと宝の持ち腐れになってしまう

次の章では、年会費を払う価値のあるクレジットカードを実際に挙げ、その基本情報や特徴を見ていきましょう。
ゴールドカードおすすめランキング|比較してあなたに最適な1枚を提案

年会費を払う価値のあるクレジットカードまとめ【2019年】

今回、年会費を払う価値のあるクレジットカードとしてピックアップしたのは以下の6枚のカードです。

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • JCBゴールド
  • 楽天ゴールドカード
  • dカード GOLD
  • au WALLET ゴールドカード

それぞれ、クレジットカードで利用できる特典やポイント、サービス内容をそれぞれリストアップしました。

どれも年会費が大なり小なり発生するゴールドカードばかりです。

そのリストを見て、自分のライフスタイルや求める価値に合うカードがあるかどうか探してみてください。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールドカード

画像引用元:ゴールドカード|アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、高いブランドイメージを持つアメリカン・エキスプレスのプロパーカード。

基本情報と特徴は以下の通りです。

項目内容
初年度年会費29,000円+税
次年度以降年会費29,000円+税
ポイント還元率0.3%~0.4%
対応ブランドAmericanExpress
  • 世界的に通用するハイステータスカード
  • 利用額に応じたボーナスポイント
  • 最大1億円補償の旅行傷害保険付き
  • 空港ラウンジ利用や空港送迎サービスも
  • 航空機遅延や旅行キャンセルの補償も充実
  • カード会員専用旅行サイトや電話1本で旅行手配を行うH.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクが利用できる
  • 旅のスペシャリストが24時間365日電話サポートしてくれる「オーバーシーズ・アシスト」
  • 国内外約200店舗のレストランを2名以上で利用すると1名無料になるゴールド・ダイニング by 招待日和 

年会費はお高めですが、申し分ないサービスの充実度が特徴です。

特に旅行に関するサービスは手厚く、頻繁に旅行や海外出張に出かける人には満足のいく1枚でしょう。

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAカードが発行する、三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報と特徴はこちら。

項目内容
初年度年会費無料
次年度以降年会費5,000円+税
ポイント還元率0.5~2.5%
対応ブランドVisa/MasterCard
  • 30歳未満が対象、若者向けゴールドカード
  • ゴールドカードだが初年度年会費無料
  • 最大5,000万円補償の海外旅行保険が付帯
  • 空港ラウンジの無料利用あり
  • 医師への24時間・年中無休の無料電話相談「ドクターコール24」
  • 2名以上で全国主要都市の約80店舗の一流レストランを利用した場合、1名無料になるクーポン
  • 30歳になると三井住友VISAゴールドカードへ更新時にランクアップ

若者向けなので年会費は安く抑えられていますが、ゴールドカードと同じサービス・優待が受けられるため、コストパフォーマンスに優れています。

30歳を過ぎると10,000円+税の年会費がかかるゴールドカードに切り替わるため、20歳代のうちにお得に利用したいですね。

JCBゴールド

JCB GOLD Card

画像引用元:ゴールドカード | クレジットカードなら、JCBカード

JCBが発行するゴールドカード、基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費10,000円+税
次年度以降年会費10,000円+税
ポイント還元率0.5%
対応ブランドJCB
  • 最大1億円補償の旅行傷害保険
  • 海外での利用でポイント2倍
  • JCBパートナーズ提携店の利用でポイント10倍
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 予約困難な名門ゴルフコースの手配やゴルフコンペへの参加も
  • 全国250の店舗で飲食代金が20%OFFに
  • 人気のホテルや旅館に特典付きの特別プランで宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」

JCBは、比較的ポイント還元率が高いのが特徴です。

国内発のブランドらしいきめ細やかなサービス・優待が受けられるでしょう。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード(JCB)

ポイントが貯まりやすいと定評のある楽天カードのゴールドカード。基本情報や特徴を見てみましょう。

項目内容
初年度年会費2,000円+税
次年度以降年会費2,000円+税
ポイント還元率1.0%~5.0%
対応ブランドVisa/MasterCard/JCB
  • 年会費が安い
  • 楽天サービスの利用でポイントがザクザク貯まる
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用できる
  • ETC年会費永年無料
  • 楽天Edy500円分チャージ済みでカードをお届け
  • 海外旅行傷害保険2,000万円付帯
  • ハワイで使えるお得な優待クーポンつき

年会費はかかりますが、その費用を上回るポイントが容易くゲットできるでしょう。

入会特典や利用特典でもらえるポイントを考慮すれば実質無料とも言えますが、旅行保険やラウンジ利用などのサービスが受けられます。

dカード GOLD

dカード GOLD(ゴールド) VISA

NTTドコモが発行するdカードGOLDは、ドコモユーザーにおすすめしたい1枚。特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費10,000円+税
次年度以降年会費10,000円+税
ポイント還元率1.0%~10.0%
対応ブランドVisa/MasterCard
  • ドコモ利用料金からポイント10%還元
  • 3年間最大10万円のケータイ補償
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 海外旅行保険最大1億円
  • dカード特約店で買い物をすればポイント還元率が2.0%以上に

月々支払うドコモの利用料金から10%還元されるため、それだけで年会費を上回るポイントに相当するでしょう。

手厚いケータイ補償もあり、ドコモユーザーの強い味方になってくれそうです。

au WALLET ゴールドカード

au walletゴールドカード

画像引用元:ゴールドカード

auユーザーにはau WALLET ゴールドカードがおすすめ。基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費10,000円+税
次年度以降年会費10,000円+税
ポイント還元率1.0%~11.0%
対応ブランドVisa/MasterCard
  • au利用料金から最大11%ポイント還元
  • Visa・MasterCard加盟店なら200円2ポイントもらえる
  • 毎年auで使える10,000円のクーポン進呈
  • 年間のショッピング利用額に応じたボーナスポイント
  • 最大5,000万円補償の海外・国内旅行の傷害保険
  • 空港ラウンジの無料利用
  • レンタカー優待やRelux初回利用でお得に旅行ができる

au WALLET ゴールドカードも入会特典や利用特典で年会費以上のポイントを容易くゲットできるクレジットカードです。

ゴールドカードの基本的な旅行サービスも利用することができます。

ポイント
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • JCBゴールド
  • 楽天ゴールドカード
  • dカード GOLD
  • au WALLET ゴールドカード

次の章では、年会費の高いクレジットカードは持つべきなのか、ということを考えてみます。
auユーザーがau WALLET ゴールドカードで生活費を支払いしたら年間6万円お得になる話

持つべきは年会費の高いクレジットカード?

次に、年会費の高いクレジットカードを持つべきかどうかについて考察します。

最初のページでも述べたように、年会費無料=お得、メリットばかりというわけではありません。

旅行や出張が多いなら年会費無料カードでは心もとないかも

年会費が数千円以上するクレジットカードには、旅行サービスが付帯されているものが多いです。

そのため、旅行や出張が多ければその恩恵を受けられるでしょう。

旅行のたびに旅行傷害保険に加入し、保険料を支払うくらいなら、年会費がかかるクレジットカードを持つ方がお得かもしれません。

支払う年会費と得られるポイントを天秤にかける

年会費が有料のクレジットカードの中には、得られるポイントがゆうに年会費を超えるものも少なくありません。

支払う費用にばかり目を向けるのではなく、受けられるサービスの大きさにも注目しましょう。

ポイントの使い道が自分のライフスタイルに合っているかどうかも重要です。

自分のニーズに合ったサービスや特典のあるカードを選ぶ

言ってしまえば、年会費を払う価値のあるクレジットカードは人それぞれです。

10万円の年会費を払ってでも受けたいサービスがあれば、それはあなたにとって価値があるということ。

自分のライフスタイルに合ったサービスや特典のあるカードを選ぶのが1番満足できるのではないでしょうか。

年会費の有無よりもサービスやポイント還元に注目!

最後に、年会費を払う価値のあるクレジットカードの選び方についてまとめます。

年会費を払う価値のあるクレジットカード
  • 出張や旅行の頻度が高いなら年会費有料カードがお得な可能性大
  • 得られるポイントを概算し、年会費と比較する
  • あなたにとって価値が有ると感じるクレジットカードを選ぶべき

年会費の金額は、サービスや特典の充実度にある程度比例します。

年会費無料のカードは、持ってて損はありませんが、大きく得をすることもありません。

一方年会費が有料のカードなら、ワンランク上のサービスを受けられたり、年会費以上のポイントが返ってくる可能性があります。

何より、あなたに合ったサービスを提供している「年会費を払う価値がある!」と思ったクレジットカードを選ぶことが重要です。

ポイントを重視したいのか、旅行特典を重視したいのか、レストランやお酒を楽しみたいのかなど、ニーズは人それぞれです。

自分に合った最高の1枚を見つけてみてくださいね。

ゴールドカードおすすめランキング|比較してあなたに最適な1枚を提案