ダイナースクラブカードのメリットは年会費に見合った高いステータス

ダイナースクラブの年会費の高さはステータスの証。持っているだけで社会的地位の高さを証明してくれるでしょう。さらに年会費を十分にペイできるお得な特典も付帯しています。ステータスと実用性を兼ね備えたダイナースクラブカードの魅力を解説します!
  • 2021年9月12日
  • 2021年9月12日
ダイナースクラブカードのメリットはステータス

ステータス性を重視してクレジットカードを選ぶ方におすすめなのが、ダイナースクラブカードです。

歴史の古いダイナースクラブカードは、言わずと知れたステータスカードの代表格です。

年会費が高いこともステータスの高さを表しています。

また、年会費の高さが気にならないほどの豪華な特典が付帯していることも、おすすめしたい理由の1つです。

この記事では、ダイナースクラブカードを持つことで得られるメリットを詳しく解説します。

※本記事の価格は全て税込みです。

ダイナースクラブカードの特徴・基礎知識

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
還元率ポイント0.25%~0.4%
マイルANAマイル:1.0%
その他航空会社のマイル:0.5%
年会費初年度24,200円
2年目以降
家族カード5,500円
旅行保険海外最高1億円(※1・2の合算額)
1:自動付帯5,000万円
2:利用付帯5,000万円
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドダイナースクラブ
発行会社三井住友トラストクラブ株式会社
発行期間カード到着まで2~3週間ほど

ダイナースクラブカードは、1961年に発行を開始した世界初のプラスティック製クレジットカードです。

一般カードでありながら、ダイナースクラブカードのランクは、他社のゴールドカードとプラチナカードの間ぐらいになります。

ダイナースクラブという老舗のネームバリューも相まって、一般カードでもステータスカードとして広く知られています

年会費は高いですが、付帯特典や旅行保険の充実度を考えると、非常にコスパの良いカードと言えます。

保有すれば、様々なシーンで大活躍する1枚になるでしょう。

ステータスが高いカードで得られるメリット

メリット

クレジットカードのステータスを意識する場面は、日常生活でも多々あると思います。

友人や恋人、会社の同僚の前でステータスカードを取り出して会計をすれば、確かに「かっこいい」ですよね。

また、ステータスカードの多くは券面のデザイン性が高いものが多いので、持っているだけでも気分が上がります。

さらに、ステータスカードを持つことで、以下のようなメリットも得られます。

ステータスが高いカードで得られるメリット
  • 社会的地位の証明
  • 利用限度額が高い
  • ラウンジサービスが利用できる
  • 保険の内容が充実している
  • 優待サービスを受けられる

社会的地位の証明

スーツ姿の男性

ステータスカードを持つと、それだけで「社会的な地位の証明」になります。

ステータスカードは誰でも持てるわけではなく、申し込み資格に年収の条件がある場合も多いです。

そのため、どんなカードを持っているかでその人の年収や社会的地位が推測されてしまうのです。

また、ステータスカードの審査を突破しているということは、信用情報に問題がないことの証明にもなります。

仕事の取引先などからも信用を得られやすいでしょう。

利用限度額が高い

一般カードの限度額は、平均すると50~100万円ほどです。

ゴールドカードなら200~300万円ぐらい、プラチナカードなら1,000万円まで利用可能なカードもあります。

利用限度額が高ければ、大きな買い物もカード1つで決済できるので大変便利ですよね。

利用限度額が高いことも、ステータスカードを持つことで得られるメリットの1つです。

ラウンジサービスが利用できる

仙台空港ラウンジ

ほとんどのステータスカードは、国内外の空港ラウンジを利用できるサービスを用意しています。

ラウンジでステータスカードを提示するだけで、空港ラウンジを利用でき、無料でドリンクを飲めるなど、待ち時間を快適に過ごせます。

利用できるラウンジはクレジットカード会社によって異なります。

ダイナースクラブカードの空港ラウンジサービスはプライオリティパス並!?

保険の内容が充実している

クレジットカード付帯の保険は一般的に2つあります。

1つは国内外の旅行中のケガや病気でかかった医療費を補償する旅行傷害保険。

そしてもうひとつは、カードで買った商品が盗難、破損した時の費用を補償するショッピング保険です。

いずれの保険も、一般カードよりもゴールド、プラチナカードとステータスが上がるほど、補償内容が上昇するのが一般的です。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点|補償を手厚くする方法

優待サービスを受けられる

ステータスカードの多くは、高級ホテルや高級レストラン、レジャー施設などを特別価格で利用できるサービスを用意しています。

また、24時間365日、カード所有者専属のコンシェルジュ付きのカードもあります。

なかなか予約の取れないレストランの予約や、旅行の手配、ゴルフ場を紹介してくれる贅沢なサービスです。

ダイナースクラブカードのデメリット

デメリット

ダイナースクラブカードには、以下のようなデメリットもあります。

しかし、付帯特典を利用することで解消できるので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

ダイナースクラブカードのデメリット
  • 年会費が高い
  • 利用できる加盟店舗が少ない

年会費が高い

ダイナースクラブカードを持つうえで、やはり一番気になるのは年会費が高額なことですよね。

ダイナースクラブカードの年会費は24,200円です。

付帯特典を使いこなせば年会費は簡単にペイできるのですが、申し込み段階で年会費の高さに二の足を踏んでしまう方も多いでしょう。

後の章で年会費をペイする方法を詳しく解説します。

利用できる加盟店舗が少ない

ダイナースクラブのデメリットは、VISAやマスターカードなどと比べて加盟店が少ないことです。

ダイナースクラブカード1枚だけでは、決済時に利用できない場合が多いかもしれません。

しかし、ダイナースクラブカードには、TRUST CLUB プラチナマスターカードというコンパニオンカードが付帯しています。

世界でもシェア率の高いマスターカードと併用すれば、加盟店が少ないというダイナースクラブのデメリットをカバーできるでしょう。

コンパニオンカードの年会費は無料です。

また、ダイナースクラブカードの特典に加えて、TRUST CLUB プラチナマスターカードの特典も利用できるメリットもあります。

ポイントやカード利用代金はダイナースクラブカードに一本化されるので大変便利です。

ダイナースクラブカードで年会費をペイする使い方

中部国際空港ラウンジ

先にも述べましたが、ダイナースクラブの年会費は付帯特典を使いこなすことでペイすることが十分可能です。

ここでは、付帯特典の「エグゼクティブ ダイニング」と「空港ラウンジサービス」を利用して年会費をペイする方法を解説します。

グルメ特典を使って年会費をペイするには

銀座割烹 里仙(りせん)

グルメ特典の「エグゼクティブ ダイニング」を利用すれば、年会費をペイすることは簡単です!

エグゼクティブ ダイニングの対象になっているレストランは、ダイナースクラブが厳選した一流のレストランばかり。

コース料理の代金は、1人あたり10,000~15,000円ほどにはなるでしょう。

エグゼクティブ ダイニング特典を利用すると、コース料理の代金が1名分無料になるので、10,000~15,000円相当のサービスが受けられることになります。

10,000円で単純計算すると、エグゼクティブ ダイニングを3回利用すると年会費を十分ペイできてしまうわけです。

利用については、「半年間で1店舗1回のみ」という条件がありますが、違うお店なら特典の利用は可能です。年間何回までという上限もありません。

空港ラウンジ特典を使って年会費をペイするには

ラウンジくにさき

旅行で飛行機をよく利用する方は、空港ラウンジサービスの利用で年会費をペイすることができるでしょう。

ダイナースクラブカードの空港ラウンジサービスは、海外で利用する場合、無料になるのは年間10回までとなっています。

11回目からは1回につき3,500円の利用料金がかかります。

本来、3,500円の利用料金がかかる空港ラウンジを、特典を使って7回利用すると、24,500円も得をしたことになります。

ダイナースクラブカードの年会費が24,200円ですから、海外で空港ラウンジサービスを7回利用すると年会費がペイできます。

上限の10回まで利用すると、35,000円も得することができますよ。

年会費をペイできる1番効率的な特典の組み合わせ

年会費の回収に一番効率が良いのは、やはり「エグゼクティブ ダイニング」特典の利用でしょう。

エグゼクティブ ダイニングの対象になっているレストランは、コース料理の金額が10,000~15,000円ぐらいになるお店が多く、中には、30,000円以上の料理を提供するお店もあります。

30,000円のコース料理が無料になれば、特典を1回利用しただけで年会費をペイできてしまいます。

空港ラウンジサービスが7回利用しないと年会費の金額に届かないことを考えると、やはダイニング特典を利用するのが効率的です。

ダイナースクラブカードの審査

ダイナースクラブカードの審査

ダイナースクラブの申し込み資格には、「年齢27歳以上の方」とだけ記載されています。

入会の目安
年齢27歳以上の方

引用元:ダイナースクラブカード | カードラインナップ | ダイナースクラブカード

しかし、27歳以上であれば誰でも審査に通るというわけではありません。

ステータスカードであるダイナースクラブカードの審査を突破するには、それなりの年収が必要になってくると考えられます。

審査に受かった方の口コミから予想すると、審査に受かるためには500万円ぐらいの年収が必要ではないかと考えられます。

また、ダイナースクラブカードの審査では、収入の安定性を重視する傾向があるようです。

そのため、いくら多くの資産を持っていたとしても、個人事業主や年金生活者の場合は審査に不利になるようです。

ダイナースクラブカードの審査に受かりやすいのは、年収500万円ぐらいの会社員や公務員の方と予想されます。

審査に受かるために大切なこと

ダイナースクラブカードは利用限度額が高いため、貸し倒れになると大きな損害になってしまいます。

そのため、他社からの借り入れ状況や申込者の信用情報が厳しくチェックされるでしょう。

審査に受かるためには、以下のことに注意して申し込むことをおすすめします。

  • 他社から借り入れをしない
    キャッシング枠に借入額が多い場合や消費者金融からお金を借りている場合は審査に不利になります。
  • キャッシングの申し込みをしない
    お金に困っていると疑われる可能性があります。
  • 良好なクレヒスを積む
    クレジットカードを使ったことがない方は、申し込みやすい一般カードから利用を始めて、良好なクレヒスを積みましょう。
  • 同時期に複数のカードを申し込まない
    1枚申し込んだら、次のカードは半年以上の期間を空けることが、審査に受かるための鉄則です。

ダイナースクラブカードの悪い評判・良い口コミ

ダイナースクラブカード使用者の口コミ

他のカードより口コミを集めるのが大変でした。それだけ所有者が少ないということです。

数多くある特典の中で、実際に使われている特典が何かわかりました。

それではダイナースクラブカード所有者の生の声をご覧ください。

★★★★4.0
1人でも使えるダイニング特典が素敵

ダイニング系特典が充実したカードです。
2名以上でのレストラン利用で1名分のコース代金が無料となるサービスは、今では高級カードの代名詞的な存在ですが、このカードには1名で利用できる「ごほうび予約」というシステムがあり、一緒に行く人を探すのが面倒、1人で楽しみたい、といったニーズを満たしてくれます。
また、地味な部分ですがポイントの有効期限が無期限である点もうれしいポイントです。ポイントの失効を気にする必要がなくストレスフリーに利用できます。
会員サポートの面では、会員サイト「クラブ・オンライン」に設置されている「お問い合わせボックス」が便利です。
問い合わせたいことがあるけれども電話をするのが面倒、電話口で待たされるのがイヤ、といった場合でもオンライン上のメッセージでやり取り出来るため、手の空いた時間に問い合わせ、回答確認が可能です。
ただし、家族カードの年会費は有料となるため、家族と一緒に使用する場合は注意が必要となります。
また、提携しているポイントモールはボーナスポイント付与対象となる単価が高く、電子書籍等少額の買い物では恩恵を受けにくい点も、注意が必要なポイントです。

28歳男性・システムエンジニア・利用歴1年

★★★★★5.0
20代ではステータスを感じる

審査がかなり厳しく、原則として年齢が27歳以上や年収が〇〇円以上と決まっているようです。私は知人の紹介で特別に作ることができました。
あまり今はカードでステータスを測る時代では無くなったかもしれませんが、ダイナースは持っている人も少ないですし、希少価値が高いと思います。
20代ではまず持っている人を目の当たりにする機会がほとんどないので、20代では間違いなくステータスカードです。

20代男性・金融機関勤め・利用歴1年

★★★★4.0
提携ホテルでお得に食事

私はよくホテルのレストランを利用していましたが、そのホテルとダイナースが提携しており、こちらのクレジットカードで支払うとかなりリーズナブルになりました。
しかし年会費は2万円以上と高額なのはネックに感じています。

43歳男性・精神保健福祉士・利用歴5年

★★★★4.0
年会費が高いのがデメリット

年会費が少し高いというのは、無料で使えるクレジットカードと比べるとデメリットかもしれません。
しかし特典がかなり色々ありますし、レストランでの優待は有効利用できています。
それを考えるとポイントの有効期限も有りませんし、お得感があると思います。

40歳男性・会社員・利用歴4年

ダイナースクラブカードがおすすめの方

ダイナースクラブカードはこんな方におすすめ
  • ステータスのあるカードを持ちたい方
  • 旅行中の充実した補償がほしい方
  • 高級店でのグルメをお得に楽しみたい方
  • 旅行の道中も快適に過ごしたい方

ダイナースクラブカードの最大のメリットは、高いステータス性と豪華な付帯特典です。

ステータスの高いカードが欲しい方や、グルメ特典に興味のある方に特におすすめしたいカードです。

気になる年会費も、「エグゼクティブ ダイニング」や空港ラウンジサービスを利用すれば簡単にペイできてしまいます。

ステータスが高くコスパの良いダイナースクラブカードを保有して、ワンランク上の生活を楽しんでみてください。

ダイナースクラブカードのメリット
  • 一休.com特別優待
    国内の厳選されたホテル・旅館の宿泊優待
  • 手荷物宅配サービス
    帰国の際の手荷物を指定場所まで無料宅配
  • パッケージツアー割引
    国内外のパッケージツアー最大5%割引
  • トラベルデスク
    旅行に関する手配や相談を電話で案内してくれる
  • 旅行保険
    最高1億円の国内・海外旅行保険が付帯
  • ショッピング・リカバリー
    カードで購入した商品を90日間最大500万円まで補償
  • エグゼクティブ ダイニング
    コース料理を2名で予約すると1名分が無料になるサービス
  • ごひいき予約.com
    人気レストランで急なキャンセルがでた場合に、会員に紹介してくれるサービス
  • 料亭プラン
    一見さんお断りの高級料亭を予約してくれる
  • 空港ラウンジサービス
    国内外の1,000カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる