SuicaとPASMOどっちがお得?ポイント貯めるなら圧倒的に有利なカードはこれだった

PASMOの特徴

次に、PASMOについて解説をします。

PASMOは首都圏の鉄道11事業者、バス19事業者の共同出資による株式会社パスモが運営する電子マネーであり、Suicaと同じく関東圏を中心に広く使われています。

PASMOは乗車で貯まるポイントなど、Suicaとはまた違うポイントシステムを採用しています。

PASMOが使える場所や交通機関

画像引用元:全国相互利用のご案内|使えるエリア・場所|PASMO(パスモ)

PASMOもSuica同様、全国相互利用が可能です。上記マークが目印です。

関東圏の鉄道27事業者・バス76事業者に加え、以下のエリアでも利用できます。

  • Suica
  • Kitaca
  • TOICA
  • Manaca(マナカ)
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

ただし、PASMOも各エリアをまたいでの利用はできません

またSuicaと異なり、PASMOはバスの定期券も発行できます。

PASMOの利用方法

PASMOはICカードを発行し、利用します。

PASMOはスマホ決済に対応していません

ICカードは、PASMO取扱事業者の各駅やバス営業所、それぞれの券売機や駅・バスの定期券販売窓口で購入することができます。

PASMOの種類

PASMOには、以下のような種類があります。

  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO(小児用あり)
  • PASMO定期券(小児用あり)
  • 一体型PASMO(クレジットカード)

無記名PASMOは誰でも利用できますが、その他のカードは所有者本人しか利用できません。

PASMOのチャージ方法

PASMOのチャージ方法は下記の通りです。

  • 自動改札機からのオートチャージ
  • 駅の券売機・チャージ機からの現金・クレジットカードによるチャージ
  • バス車内の運賃機で現金チャージ
  • コンビニなどお店での現金チャージ

自動改札機でのオートチャージに関しては、PASMOと提携しているクレジットカードが必要となります。

PASMOのポイントについて

PASMOそのものにはポイントサービスはありません。

提携クレジットカードを利用することで、そのカードのポイントが貯まります。

例えば、東京メトロが発行するTo Me Cardを利用すればメトロポイントが、TOKYU CARD ClubQ JMBを利用すればTOKYUポイントが貯まります。

また、クレジットチャージや電子マネー利用によるポイント還元の他に、乗車ポイントが貯まるカードが多いのもPASMOの特徴。

自分が普段利用する交通機関でお得にポイントが貯まるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

PASMOの特徴について
  • 東京メトロをはじめ複数の鉄道・バス事業者が取り扱う交通系電子マネー
  • 鉄道やバス、買い物での利用が可能
  • 特定のクレジットカードによるオートチャージが可能
  • スマホサービスはない
  • PASMO対応クレジットカードを利用することで乗車のたびに乗車ポイントが貯められる

次のページで、SuicaとPASMOの比較、おすすめクレジットカードをまとめてみましょう。
PASMO対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄