ビューカードの年会費を無料にする方法とできないパターンを解説

電車・バスに乗るために、交通系ICカードは欠かせないアイテムです。

交通系ICカードは地域ごとに発行されているため多くのブランドがありますが、圧倒的に便利なのがJR東日本の発行するSuica

Suica(モバイルSuica)を使いこなすために併せて手に入れたいのが、JR東日本系のクレジットカード「ビューカード」です。

カードの年会費が無料、一切掛からないのなら、さらにいうことはありません。

それでは、多くのラインナップのあるビューカードについて「年会費」に特化して見ていきましょう。

アイキャッチ画像引用元:JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

ビューカードの前にSuicaについて

Suicaのイメージ

画像引用元:Suica:JR東日本

クレジットカードのビューカードについて見る前に、電子マネーSuicaについて説明しておきましょう。

ビューカードは、Suicaと組み合わせることで機能をフルに発揮するカードのため、Suicaの理解も欠かせません。

駅の改札にタッチして電車に乗る交通系電子マネーは全国で発行されていますが、JR東日本が発行しているのがSuica(スイカ)です。

日本全国の鉄道・バスでSuicaが利用でき(JR東日本エリア以外のバスは非対応あり)、沖縄のゆいレールも2020年からSuicaに対応となります。

ただし、交通系電子マネー未導入地域の鉄道では使えません。

次に、Suicaの形状について。大きく分けて、2種類があります。

  • カードタイプ
  • モバイルSuica

カードタイプには、さらにビューカード一体型と、独立カードタイプとがありますが、この違いは大きなものではありません。

カードタイプのSuicaに、ビューカードからチャージすることもできます。

カードタイプはJR東日本エリア居住者でないと利便性は低い

カードタイプのSuicaの場合、組み合わせて使うクレジットカードはビューカードに限ります。

残高不足のときに自動で機能するオートチャージも可能で、こうしておけば改札で止められることはありません。

JR東日本エリアに住んでいるなら、一体型か独立かを問わず、カードタイプのSuicaとビューカードの組み合わせに不便を感じることはないでしょう。

JR東日本エリア内なら、私鉄の駅でもオートチャージが働きます。

ただし、カードタイプのSuicaについては現在、自宅のパソコンでチャージをするサービスも廃止となっていて、よその地域での利便性は大きく落ちます。

よその地域では、カードタイプSuicaへのチャージ方法はほぼ、駅での現金チャージしかなくなっています。

これでは快適なキャッシュレスライフとは程遠く、利用でポイントを得ることもほとんどできません。

モバイルSuicaは全国で便利

JR東日本エリア以外に住む人なら、モバイルSuicaにしましょう。

Suicaは、スマートフォンやApple Watchで改札を通るための唯一の選択肢でもあります。

PASMOなど他の交通系電子マネーは、スマートフォンでは使えません。

スマートフォンで改札を通るならSuicaにせざるを得ないわけですが、そのことを後ろ向きに捉える必要はありません。

どの交通系電子マネーよりも、Suicaはポイントがよく貯まるからです。

モバイルSuicaなら、スマートフォン上でクレジットカードからのチャージが簡単にできるため、JR東日本エリア内でもそれ以外でも、使い勝手はさほど変わりません。

JR東日本エリア外ではオートチャージが働かないものの、手動のチャージが便利なので、ストレスにはなりません。

ただし、地元の鉄道には乗れますが、定期券はセットできません。定期は地元の交通系電子マネーで利用しましょう。

モバイルSuicaにチャージするカードはビューカードがベスト

さて、モバイルSuicaの場合、チャージするためのクレジットカードはビューカードに限らず、何でも構いません。

Apple Pay、またはGoogle Payを使うなら、Suicaの年会費も不要です(2020年2月26日からはモバイルSuicaでも不要)。

ですが、Suicaチャージでのポイントがつくカードにしないと損をします。

年会費無料のカードの中から、Suicaにチャージして高還元となるカードをピックアップしてみましょう。

中には、モバイルSuicaへのチャージがポイント対象外となるカードもありますので、注意してください。

クレジットカードモバイルSuicaチャージでのポイント還元率
ビューカード1.50%
Yahoo!カード1.00%
リクルートカード1.20%
REXカード1.25%
楽天カードポイント対象外
JCBカードWポイント対象外

多くのカードでモバイルSuicaにチャージはできるものの、ビューカード(種類を問わず)の還元率が最も高いのがおわかりでしょう。

Suicaのポイントの仕組み

Suicaの利用によって貯まるポイントも確認しておきます。

ほぼJR東日本関連ですが、一部それ以外でもポイントが付きます。

利用方法ポイント還元率
JR東日本鉄道利用0.5%(カードタイプ)
2.0%(モバイルSuica)
JR東日本以外の鉄道バス利用なし
JR東日本駅ビル・ホテル等0.5%
acure(飲料自販機)1.0%
スポーツクラブJEXER1.0%
イトーヨーカドー0.5%
洋服の青山1.0%
紀伊国屋書店1.0%

2019年10月より、JR東日本での鉄道利用に限り、Suicaを使っての2%還元(モバイルの場合)が始まりました。ですが基本的には、Suicaはポイントを貯めるカードではありません。

だからこそ、Suicaに現金チャージしていると大きく損をしてしまうのです。

ビューカードからSuicaにチャージをすると、1.5%という破格のポイント還元率を得られます。

楽天Edyやnanaco、WAONなど、利用によってポイントの貯まる電子マネーよりも強いのです。

一般の店舗における、クレジットカードと電子マネーの、もっとも相性のいい組み合わせで比較してみましょう。

クレジットカード+電子マネー合計ポイント還元率
ビューカード+Suica1.5%
楽天カード+楽天Edy1.0%
セブンカードプラス+nanaco1.0%
イオンカード+WAON0.5%
イオンカードセレクト+WAON1.0%

Suicaが、街中の多くのお店で使えることも思い起こしましょう。

Suicaが最強な理由、そしてビューカードとの組み合わせでさらに価値が高い点、おわかりいただけたでしょうか。

ビューカードの中で年会費が無料なのは?

Suicaオートチャージ

画像引用元:駅でも街でも!ポイントを貯める:ビューカード

全国どこの鉄道利用者でも、Suicaと組み合わせてビューカードを持つのが、もっともポイントを貯められる方法だということを見てきました。

貯めたポイントはチャージに替えることができますので、心配は要りません。

たとえ一切鉄道・バスを使わない人であっても、使える店舗が多いSuicaは役立ちます。

ビューカード(スタンダードクラス)のラインナップは数多いのですが、ここでは年会費が無料であることに着目して、ラインナップを見てみましょう。

カード名称年会費(税込)年会費に関し備考
ビュー・スイカカード524円実質無料可
ビュー・スイカリボカード無料
JRE CARD524円初年度無料
ルミネカード1,048円初年度無料
JALカードSuica2,200円初年度無料
ビックカメラSuicaカード524円年一度の利用で無料
大人の休日倶楽部
ミドルカード
2,624円初年度無料
大人の休日倶楽部
ジパングカード
4,364円

完全に年会費無料だったり、初年度が無料だったりといったカードではないものの、ある工夫をすれば年会費が実質無料で利用できるカードがあります。

年会費を実質無料で使えるビューカード
  • ポイントで年会費を実質還元・・・ビュー・スイカカード
  • 年会費が実質無料・・・ビックカメラSuicaカード

この2種類であれば、わざわざリボ払い専用カードを選ばなくても、年会費を実質無料にできます。

「ルミネカード」など、公式サイトには利用によって年会費を実質無料にできるような記載があります。

ですが、よく読むと「10%オフ期間中に買い物することにより、年会費よりも大きな割り引ぎ額となる」ことを説明しているだけです。

これと、上記2枚のカードとでは、実質無料の意味合いが違います。

次のページでは、年会費を実質無料にする方法と、そのカードの特徴について見ていきます。

ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介