ビックカメラSuicaカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介

日々JR東日本沿線を利用する人の多くはSuicaを使っていると思いますが、Suicaのサービスと連携したクレジットカードがあることをご存じでしょうか。

Suicaサービスと連携するクレジットカードを利用することで、利便性が増し、日々の電車利用でポイントがお得に貯まります

今回はそんなSuicaサービスを搭載するクレジットカードの中から、ビックカメラSuicaカードについて解説していきます。

ビックカメラSuicaカードとは一体どんなクレジットカード?
  • 年会費477円(税別)で18歳から申込可能
  • ビックカメラの買い物で使えるビックポイントが貯まる
  • Suicaチャージで貯まるJRE POINTも貯まる
  • ポイント還元率は最大11.5%

この記事では、ビックカメラSuicaカードの特徴やメリット・デメリット、使う上での注意点などについて詳しく紹介していきます。

ビックカメラSuicaカードなら、よりお得にSuicaを使えること間違いなしです!ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

ビックカメラSuicaカードの特徴

画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

まず、ビックカメラSuicaカードの特徴を見ていきましょう。

この章では、ビックカメラSuicaカードの年会費や国際ブランド、申込条件等について触れていきます。

年会費は477円と非常に安い

ビックカメラSuicaカードの年会費は477円(税別)と、他社のクレジットカードと比べてもかなり安いです。

また、初年度は無料なので、申込後1年間は年会費がかかりません。

選べる国際ブランドは2種類

選べる国際ブランドは、下記の2種類となります。

  • Visa
  • JCB

JCBは日本生まれの国際ブランドなので、海外での利用はアメリカ生まれの国際ブランドVisaと比べるとやや不便であるおそれがあります。

一方で、Apple Payで利用できるというメリットがあります。

VisaはApple Payで利用することができませんが、世界的に知名度も高く、加盟店もかなり多いです。

学生でも申し込みOK

ビックカメラSuicaカードの申込条件は、「日本国内に住んでいて連絡可能な高校生を除く満18歳以上」です。

多くのクレジットカードの申込条件として求められる「安定した収入」という記載がありません。

そのため、フリーターやパート、大学生や専門学生のような学生でも申し込みは可能です。

ただし、所定の審査にクリアしなければ入会はできません。信用情報に傷がある人は、入会を断られる可能性もあります。

ビックカメラSuicaカードで貯まるポイント

ビックカメラSuicaカードは、2種類のポイントが貯まる仕組みとなっており、利用する場面によって貯まるポイントの種類が変わります。

  • JRE POINT
  • ビックポイント

ビックカメラでお買い物をすると、ビックポイントが貯まります。

また、JRE POINT加盟店でのお買い物時カードを提示することでJRE POINTが貯まります。

その他のお店では、ビックカメラSuicaカードで決済をすることでビックポイントとJRE POINT両方が貯まります。

また、貯まった2種類のポイントはそれぞれの加盟店で使えるだけでなく、Suicaチャージにも利用できます。

ビックポイントとは

ビックポイントは、1ポイント=1円でビックカメラでの買い物に利用できます

また、ビックポイント1,500ポイントでSuicaへ1,000円分チャージすることも可能ですが、ビックカメラで利用する方がお得です。

ビックカメラSuicaカードの特徴
  • 年会費は477円で初年度無料
  • VisaかJCBのどちらかを選ぶことができる
  • 日本国内に住んでいて連絡可能な18歳以上であれば学生でも申込可能
  • ビックポイントとJRE POINTが貯まる

次のページでは、ビックカメラSuicaカードのメリット・デメリットを紹介します。
ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介