クレジットカードおすすめランキング

SuicaとPASMOどっちがお得?ポイント貯めるなら圧倒的に有利なカードはこれだった

改札を通る男性

首都圏においてメジャーな交通系電子マネーといえば、Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)

どちらもタッチして改札機を通れる同じようなサービスに思えるかもしれませんが、実は違いがたくさんあります。

そのため、自分のライフスタイル次第では選ぶ交通系電子マネーによって損をしているかもしれません。

SuicaとPASMOを比較
  • スマホで使いたいならSuicaしか使えない
  • PASMOは2020年春にスマホアプリ登場予定(NEW)
  • PASMOはバスの定期券もある
  • 買い物等でのポイントの貯まりやすさはSuicaが上
  • 鉄道利用でポイントを貯めたいならPASMOがおすすめ

今回は、SuicaとPASMOの特徴をそれぞれ紹介した上で2つの電子マネーの比較をしていきます。

また、あわせてそれぞれの電子マネーを使う上でおすすめのクレジットカードについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Suicaの特徴

まず、Suicaの特徴について解説します。

SuicaはJR東日本が運営するプリペイド型交通系電子マネーであり、首都圏を中心に全国で広く使われています。

そんなSuicaにはどのようなサービスや利用する上でのメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

Suicaが使える場所や交通機関

画像引用元:利用可能エリア|Suica:JR東日本

Suicaは、上記マークを掲げる場所ならどこでも、全国各地で利用することができます。

ただし、以下のすべての機能を利用できるのは首都圏のみ。

  • 改札機の出入場
  • エリアまたがりの移動
  • 自動券売機・入金機等でのチャージ
  • チャージ残高での切符購入(自動券売機)
  • 自動券売機での履歴印字
  • 電子マネーとしての利用
  • オートチャージ
  • 紛失・障害再発行登録
  • 紛失・障害再発行
  • バスでの利用

首都圏以外の地域では上記のうち一部が利用できませんが、基本的な改札機の出入場は可能です。

なお、各エリア間をまたがって利用することはできません

また、新幹線を含む鉄道の定期券を購入することもできます。

Suicaの利用方法

Suicaは下記の方法で利用できます。

  • カードを発行する
  • スマホアプリに登録する

SuicaにはモバイルSuicaというスマホ決済アプリがあります。

カードの代わりにスマホを改札機にタッチし、精算を行えるサービスです。

ただし、利用できるのはおサイフケータイ機能搭載のスマホ機種のみ

おサイフケータイを搭載しているスマホなら、Apple PayやGoogle Payで利用することもできます。

Suicaの種類

画像引用元:Suicaでポイントを貯める JR東日本の共通ポイントサイト − JRE POINT

Suicaには、さまざまなタイプがあります。

  • Suica定期券(大人用・こども用)
  • My Suica(記名式)(大人用・こども用)
  • Suicaカード(大人用のみ)
  • モバイルSuica
  • Suica付学生証・社員証
  • ゆうちょICキャッシュカードSuica
  • Suica付きビューカード

Suicaのチャージ方法

Suicaのチャージ方法は下記の通りです。

  • 券売機や「ビューアルッテ」でクレジットチャージ
  • 自動改札機出入場時のオートチャージ
  • モバイルSuicaから指定した金額をクレジットチャージ
  • コンビニ・ATM等で現金チャージ

現金チャージだけでなく、クレジットカードによるチャージにも対応しています。

オートチャージは、一定の金額を下回ったとき、改札の出入場時自動的に指定した金額をチャージするサービスです。

事前チャージ不要で改札を通ることができ、チャージ残高を気にする必要なく急いでいる時もすぐに改札を通れる点がメリットです。

ただし、JR東日本グループ発行のクレジットカードやSuicaと提携しているクレジットカードなど、一部のクレジットカードしかオートチャージに対応していません。

Suicaのポイント

Suicaは、ただのSuicaカード(無記名のもの)に現金をチャージして利用するだけならポイントは貯まりません。

クレジットチャージなどを利用することで、JREポイントというポイントを貯めることができます。

還元率は利用するクレジットカードによって異なり、0.5%から1.5%程度です

Suicaは、買い物利用時だけでなく、オートチャージでも貯められるクレジットカードもあるので、よりお得なクレジットカードを選ぶようにしましょう。

Suicaの特徴
  • JR東日本が運営する交通系電子マネーサービス
  • 鉄道やバスだけでなく買い物にも利用できる
  • カード型だけでなくスマホで利用できるモバイルSuicaも
  • 特定のクレジットカードを利用するとオートチャージも可能
  • 買い物やチャージでポイントが貯まる

PASMOの特徴

次に、PASMOについて解説をします。

PASMOは首都圏の鉄道11事業者、バス19事業者の共同出資による株式会社パスモが運営する電子マネーであり、Suicaと同じく関東圏を中心に広く使われています。

PASMOは乗車で貯まるポイントなど、Suicaとはまた違うポイントシステムを採用しています。

PASMOが使える場所や交通機関

画像引用元:全国相互利用のご案内|使えるエリア・場所|PASMO(パスモ)

PASMOもSuica同様、全国相互利用が可能です。上記マークが目印です。

関東圏の鉄道27事業者・バス76事業者に加え、以下のエリアでも利用できます。

  • Suica
  • Kitaca
  • TOICA
  • Manaca(マナカ)
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • はやかけん
  • nimoca
  • SUGOCA

ただし、PASMOも各エリアをまたいでの利用はできません

またSuicaと異なり、PASMOはバスの定期券も発行できます。

PASMOの利用方法

PASMOはICカードを発行し、利用します。

PASMOはスマホ決済に対応していません
※2020年春にPASMOのスマホアプリ登場予定です

ICカードは、PASMO取扱事業者の各駅やバス営業所、それぞれの券売機や駅・バスの定期券販売窓口で購入することができます。

PASMOの種類

PASMOには、以下のような種類があります。

  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO(小児用あり)
  • PASMO定期券(小児用あり)
  • 一体型PASMO(クレジットカード)

無記名PASMOは誰でも利用できますが、その他のカードは所有者本人しか利用できません。

PASMOのチャージ方法

PASMOのチャージ方法は下記の通りです。

  • 自動改札機からのオートチャージ
  • 駅の券売機・チャージ機からの現金・クレジットカードによるチャージ
  • バス車内の運賃機で現金チャージ
  • コンビニなどお店での現金チャージ

自動改札機でのオートチャージに関しては、PASMOと提携しているクレジットカードが必要となります。

PASMOのポイントについて

PASMOそのものにはポイントサービスはありません。

提携クレジットカードを利用することで、そのカードのポイントが貯まります。

例えば、東京メトロが発行するTo Me Cardを利用すればメトロポイントが、TOKYU CARD ClubQ JMBを利用すればTOKYUポイントが貯まります。

また、クレジットチャージや電子マネー利用によるポイント還元の他に、乗車ポイントが貯まるカードが多いのもPASMOの特徴

自分が普段利用する交通機関でお得にポイントが貯まるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

PASMOの特徴について
  • 東京メトロをはじめ複数の鉄道・バス事業者が取り扱う交通系電子マネー
  • 鉄道やバス、買い物での利用が可能
  • 特定のクレジットカードによるオートチャージが可能
  • スマホサービスはない
  • PASMO対応クレジットカードを利用することで乗車のたびに乗車ポイントが貯められる

SuicaとPASMOの比較

この章では、SuicaとPASMOの比較、相違点等について解説します。

SuicaとPASMO、どちらが優れていると結論付けるものではありません。あなたのライフスタイルに合ったカードを選ぶのが一番です。

スマホで使いたいのであればSuica一択

PASMOにはスマホの電子マネーアプリがありません。

スマホで使いたいのであればモバイルSuica、Apple Pay、Google Payを利用するしかありません。

よく利用する鉄道に応じて選ぼう

JRをよく利用するならSuicaを、その他沿線をよく利用するならPASMOを選ぶのも手です。

Suicaはオートチャージによるポイント還元率が高く、PASMOは乗車によるポイント還元率が高いという特徴があります。

PASMOの場合、利用頻度が高いほどより多くのポイントが貯まるでしょう。

全体的に発行数が多いのはSuica

発行数はSuicaが7,000万超えでPASMOが3,600万程度と、Suicaの方が圧倒的に上です。

その分鉄道以外でも幅広くお得に利用できるのもSuicaの特徴と言えます。

Suica・PASMO対応のおすすめクレジットカード

次に、SuicaとPASMOでポイントを貯める上でおすすめのクレジットカードを紹介します。

今回は、SuicaとPASMOそれぞれの特におすすめなクレジットカードを1枚ずつ厳選しました。

  • ビックカメラSuicaカード
  • To Me CARD Prime

それぞれのクレジットカードの特徴を解説していきましょう。

Suica向け:ビッグカメラSuicaカード

BIC CAMERA Suica

ビッグカメラSuicaカードの特徴は下記の通りです。

  • 年会費は初年度無料→翌年以降477円(利用実績があれば引き続き無料)
  • Suicaオートチャージ対応、1.5%の還元率
  • チャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物をすると還元率10%
  • 通常の買い物でも1%の還元率(ビッグカメラポイント0.5%・JREポイント0.5%)
  • 貯まったビッグカメラポイント1,500ポイントをSuica1,000円分にチャージできる
  • JREポイントをビッグカメラポイントに変換することも可能

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するビックカメラとの提携カードです。

とにかく還元率が高いのが特徴。ビックカメラでよく買い物する人はもちろん、そうでない人にもおすすめのカードです。

PASMO向け:To Me CARD Prime PASMO

To Me CARD Prime PASMOの特徴は下記の通りです。

  • 年会費初年度無料、翌年以降2,000円(前年利用額が50万円を越える場合無料)
  • メトロポイントが貯まる
  • 東京メトロ利用で乗車ポイント平日10ポイント、土日祝20ポイント還元
  • 駅構内での買い物でのポイント還元率は0.5%
  • 駅構内の自販機利用でポイント還元率1.0%
  • 貯まったメトロポイントはPASMOにチャージできる
  • ANAマイルに変換も可能

東京メトロが発行するクレジットカードで、東京メトロ利用による乗車ポイントが大きいのが特徴。

その他の鉄道の利用頻度が高いなら、その鉄道会社グループが発行するPASMO対応クレジットカードを選ぶのがおすすめです。

SuicaとPASMO、あなたに合った電子マネーを選ぼう

最後に、SuicaとPASMOを比較した結果についてまとめます。

SuicaとPASMOの比較
  • スマホで使えるのはSuica
  • チャージによる還元率が高いSuica、乗車による還元率が高いPASMO
  • 発行数はSuicaが圧倒的
  • あなたに合ったSuica対応クレジットカード、PASMO対応クレジットカードを選んでポイントを効率よく貯めよう!

Suica、PASMOとも全国の鉄道で使える点は同じですが、サービスの内容に相違点が見られます。

どちらが優れているとは一概に言えず、あなたのライフスタイルに合った方を選ぶことが大切です。

また、よりお得に利用するためには、それぞれに対応するクレジットカードは必須です。

あなたに合ったクレジットカードで、交通系電子マネーをお得に使ってみませんか。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定