ANA VISA ワイドゴールドカードの審査に落ちた原因は
  • 2021年7月9日
  • 2023年7月24日
当サイトには広告が含まれます

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちた…原因と審査基準は何?

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちた方は、原因や審査基準が気になりますよね。

マイルがザクザク貯まるカードですから、どうしても持ちたい気持ちからもう一度申し込みたいと考える方も多いでしょう。

本記事では、ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちた原因と審査基準についてまとめました。

落ちた原因が気になる方、次回のために審査基準を確認したい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちる原因
  • 職業が派遣社員、アルバイト、主婦等
  • 三井住友カードや三井住友銀行の利用履歴が好ましくない
  • 他のクレジットカードで滞納を繰り返している
  • クレヒスが全く無い「スーパーホワイト」
ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に通るコツ
  • 申込フォームは正確かつ丁寧に
  • ANAカード(一般カード)からのアップグレードを狙う
  • 三井住友銀行で良好な金融取引の実績を作る
ゴールドカードのおすすめランキング|ステータス・還元率で比較

※本記事の価格は全て税込みです。

ANAマイルが貯まるおすすめANAカード
カード名[PR]ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードドカード
ANA JCB ワイドカード
ANA JCB ワイドカード
ANA JCBワイドゴールド
ANA JCBワイドゴールド
ソラチカカード
ソラチカカード
ソラチカゴールドカード
ソラチカゴールドカード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費24,200円(税込)7,975円15,400円2,200円
初年度無料
15,400円7,700円34,100円
マイル還元率0.25%~0.4%0.5%~2.0%※11.0%~2.0%※10.5%〜1.0%※21.0%~2.0%※10.5%~1.5%0.5%~3.0%
国際ブランドダイナースクラブJCBJCBJCBJCBAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン新規入会で
初年度年会費無料
2024年4月1日~2024年7月31日
最大14,000マイル相当
プレゼント
2024年6月30日まで
最大92,000マイル相当
プレゼント
2024年6月30日まで
最大13,000マイル相当
プレゼント
2024年6月30日まで
最大92,000マイル相当
プレゼント
2024年6月30日まで
最大18,000マイル相当※3
獲得可能
最大68,000マイル相当※3
獲得可能
申込対象ダイナースクラブ
所定の基準を満たす方
18歳以上
学生不可
20歳以上
学生不可
18歳以上20歳以上
学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード2~3週間最短5営業日最短5営業日最短5営業日最短5営業日1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※各カードのキャンペーンの詳細は、公式ホームページにてご確認ください。
※1 ANAカードマイルプラス加盟店での利用の場合
※2 前年度ショッピング利用金額 100万円以上の場合
※3 ANA アメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード®のポイントをマイルに移行した場合。
矢印

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査基準

ANA VISAワイドゴールドカード

ANAカード(ワイドゴールドカード)を発行している三井住友カードの公式サイトでは、入会資格は次のとおり明記されています。

原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。

引用元:ANAカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード

上記以外の詳しい審査基準は公表されていませんが、ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査難易度は「やや厳しめ」と推察できます。

その理由は、年会費の高さです。一般的に、クレジットカードの年会費と審査難易度は比例する傾向があります。

日本で発行されている標準的なゴールドカードの年会費は、11,000円前後がスタンダードです。ANAカード(ワイドゴールドカード)の年会費は15,400円なので、やや高めということになりますね。

その分、審査難易度も少し高くなることが予想されます。

また、ANAカードやJALカードのような航空系カードは、流通系や消費者金融系等と比べ審査難易度が高いといわれています。

審査難易度クレジットカードの種類
作りにくい銀行系
やや作りにくい鉄道・交通系
普通信販系
やや作りやすい流通系
作りやすい消費者金融系

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちる理由

三井住友カード審査イメージ画像

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちてしまうのは、次のような理由が考えられます。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査に落ちる理由
  • 職業が派遣社員、アルバイト、主婦等
  • 三井住友カードや三井住友銀行の利用履歴が好ましくない
  • 他のクレジットカードで滞納を繰り返している
  • スーパーホワイト

職業が派遣社員、アルバイト、主婦等

記事冒頭で紹介したように、ANAカード(ワイドゴールドカード)の入会資格は「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」です。

何をもって「安定継続収入」とみなすかはカード会社ごと・各カードごとに基準が異なります。

ANAカード(ワイドゴールドカード)のオンライン入会ページの職業欄には、派遣社員・主婦・学生・アルバイト等の選択肢がありません。

ANA VISAワイドゴールドカードオンライン申込

つまり、派遣社員やアルバイトでは安定継続収入ありとみなされない可能性が高いのです。

とはいえ「専業主婦や派遣社員、アルバイトの方は申込不可」と明記されているわけではありません。

そのため、100%申込不可とは断言できないのですが、仮に申し込めたとしても審査通過は非常に厳しいことが予測されます。

三井住友カードや三井住友銀行の利用履歴が好ましくない

クレジットカードの審査では、グループ会社の持つ顧客情報を参照するケースが多いようです。

三井住友カードでは、SMBCグループが持つ個人データを共同利用することが公式HPに明記されています。

SMBCグループにおける個人データの共同利用について

当社は、SMBCグループ各社の連携強化による、より付加価値の高い各種商品・サービスのご提供や、グループ全体の経営管理やリスク管理等の実施・強化を行うために、下記の通りの共同利用を行います。

引用元:個人情報の取り扱いについて|クレジットカードの三井住友VISAカード

これまでに、SMBCグループ(三井住友系列)のサービスを使ったことがある場合、その利用実績が審査に影響する可能性があります。

特に、以下のようなケースでは、審査落ちの原因になりかねません。

  • 三井住友カードが発行するクレジットカードの支払い遅れ
  • 公共料金の引落を三井住友銀行に設定したが残高不足による振替不能が続いた

他のクレジットカードで滞納を繰り返している

上の項目は三井住友系列の利用実績に関することでしたが、他のクレジットカードの利用実績が理由で審査落ちにつながることがあります。

クレジットカードの審査では、個人信用情報機関に照会をかけ、申込者のクレジットカードやカードローンの利用履歴(クレジットヒストリー、略してクレヒス)を確認します。

たとえば、支払いの滞納を繰り返した履歴があると「お金にルーズな性格なのか」「これから作るANAカード(ワイドゴールドカード)でも支払いが滞るかもしれない」と懸念され、否決となる恐れがあります。

自分の信用情報が気になる方は、個人信用情報機関に対し情報開示請求を行うことが可能です。

審査の際にどの機関の情報を照会するのかは、カード会社ごとに異なります。三井住友カードは、以下3機関に照会を行っています。

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シー・アイ・シー(CIC)

開示方法などの詳細は、各機関のHPで確認してください。

スーパーホワイト

クレヒスに支払い遅れなどの記録があるのとは逆に、クレヒスがまっさらで何も履歴がない「スーパーホワイト」の場合も、審査落ちにつながることがあります。

これまでクレジットカードやローンを利用する機会がなかった場合には、当然ながらクレヒスには何も記録がなく真っ白な状態です。

一方、債務整理などをした場合にも、クレヒスがまっさらになります。

クレジットカードやローン等が解約となり、新規でクレジットカードを申し込むこともできないので、数年間は何も記録が無い状態になるからです。

カード会社側からすると、単純にクレジットカードを使ったことがないだけなのか、債務整理をしたことがあるのかは判断できません

そのため、おおむね30歳以上(ある程度の社会経験やクレジットカードを使う機会があるだろうと想定される年齢)でスーパーホワイトの場合には、審査落ちの可能性が高くなります。

短期間に多数のクレジットカードを申し込んでいる

近年、クレジットカードを申し込むとポイントがもらえる「ポイントサイト」や「お小遣いサイト」等が増えています。

ポイントを獲得するためにクレジットカードを作る人もいるでしょう。それ自体はもちろん悪いことではありません。

しかし、あまりにも短期間に何枚もクレジットカードを申し込んでいると「特典目的ですぐ解約するのでは」「不正な申込なのでは」等と懸念される恐れがあります。

また、資金繰りに困っていたり、生活に困っていて支払いが難しいのではないかと判断されて、審査落ちに繋がる可能性も高いです。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査を通すコツ

ANA飛行機イメージ

繰り返しにはなりますが、明確な審査基準は公開されていないので「100%審査に通る方法」をお伝えすることは不可能です。

しかし、ちょっとした工夫で審査に通りやすくすることはできます。申込の際には参考にしてくださいね。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査を通すコツ
  • 申込フォームは正確かつ丁寧に
  • ANAカード(一般カード)からのアップグレードを狙う
  • 三井住友銀行で良好な金融取引の実績を作る

申込フォームは正確かつ丁寧に

申込フォームに誤りがあると、審査に支障をきたす場合があります。

単純な入力ミスだとしても、住所が都道府県から違っている・氏名がまったく違うといった大幅な違いは、なりすましによる犯罪行為を疑われる可能性もあります。

当然ながら、虚偽申告をしないことも重要です。審査に通りたい一心で、年収を多めに入力したり、他社からの借入金額を少なく申告してしまうと、審査には悪影響です。

特に、借入金額は個人信用情報機関で照会できるので、一発で嘘がバレてしまいます。申込フォームは、間違いの無いよう正確かつ正直に申告しましょう。

また、金融資産などの任意項目も入力すると審査に通りやすいといわれています。

ANAカード(一般カード)からのアップグレードを狙う

ANA VISAカード

年収や属性に不安がある場合には、ANAカード(ワイドゴールドカード)の下位グレードにあたる「ANAカード(一般カード)」を申し込む長期的な作戦もおすすめです。

しばらくANAカード(一般カード)を利用してから、ANAカード(ワイドゴールドカード)へ切替の申込をするのです。

ANAカード(一般カード)の申込資格は「満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)」です。

入会資格
満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要です。

引用元:ANAカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード

ANAカード(ワイドゴールドカード)の申込資格「満20歳以上で本人の安定継続収入がある」に比べて、条件が易しいことがわかりますね。

オンライン申込画面の職業欄では、派遣社員やアルバイト・パート、無職という選択肢が表示されています。

ANA一般カードオンライン申込画面

クレジットカードの審査基準はカード会社ごとに様々ですが、「この人は利用代金をきちんと支払ってくれそうか」という点は共通して見られています。

ANAカード(一般カード)を利用し、遅れることなく毎月の支払いを続けていれば、三井住友カード側でもその支払実績を詳しく確認できます。

そのため、最初からANAカード(ワイドゴールドカード)を申し込むよりも審査通過の可能性が高いと予測できるのです。

ただし、「一般カードなら無職でもOK」ということはありません。一般カードであっても、本人に収入がある・正社員である等は審査に有利に働きます。

陸マイラーに人気のANAカードおすすめランキング|比較して最強を決定

三井住友銀行で良好な金融取引の実績を作る

お伝えしたように、三井住友カードでは、SMBCグループが持つ個人データを共同利用します。

そのため、三井住友銀行で良好な利用履歴を作っておけば、ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査が有利になる可能性があるのです。

特に、下記のような取引では、個人の信用力アップに繋がるとみられます。

  • 給与の受取口座に設定
  • 家賃や公共料金の引落口座に設定
  • つみたてNISAの利用

残高不足による振替不能が繰り返されると逆効果なので、利用にあたっては十分に注意してくださいね。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査から発行までにかかる時間

三井住友カードは最短3営業日発行

ANAカード(ワイドゴールドカード)は、インターネットで口座振替の設定をすれば最短3営業日で発行可能です。

公式ページによると、カードが自宅に届くまで約1週間とされています。

しかし、過去の申込者のクチコミでは、最短3日でカード到着の方もいれば9~10日かかった方もいました。

申込が混み合う時期など、到着に時間がかかるケースもあるのでしょう。カード到着まで10日程度見ておくと安心です。

なお、インターネット入会の場合、入会審査結果はメールで届きます。

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査状況の確認方法

カード解約は電話連絡が最もおすすめ

審査状況が気になる方は、三井住友カード公式HP内の審査状況照会/三井住友VISAカードから確認できます。

照会の際は、「お申込番号」・生年月日・申込時に申告した電話番号の情報が必要です。

「お申込番号」は、申込手続き完了後すぐ届く「クレジットカードお申し込み完了のお知らせ」というタイトルのメールに記載されています。15桁の番号です。

お申し込み番号がわからない場合は、コールセンターまで連絡してください。

入会案内デスク

0120-816-437(通話料無料)

東京:03-6627-4136

大阪:06-6445-3503

受付 10:00~17:00
年中無休(12/30~1/3を除く)

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査を通してマイラー生活を!

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査について
  • 審査基準はやや厳しめか
  • 入会資格やクレヒスを再確認しよう
  • 一般カードや三井住友系列で信用を積む作戦もあり
  • 最短3日発行、到着までは10日みると確実

ANAカード(ワイドゴールドカード)の審査は、やや厳しめと予測されます。

申込前に、個人信用情報機関に情報開示請求をし、自分のクレジットヒストリーをチェックしておくと、対策を立てやすいでしょう。

属性や収入が不安な方は、ANAカード(一般カード)に申し込んで切替を狙う・三井住友銀行の口座で良好な取引実績を作る等の長期的な戦略もおすすめです。

審査前にしっかりと対策し、ANAカード(ワイドゴールドカード)をゲットして、お得なマイラー生活を楽しんでくださいね。