ゴールドカードおすすめランキング

ANA VISA ワイドゴールドカードにする理由|ANAマイル還元率が鬼高

ANAカードでマイルを貯めよう

航空会社のマイルを貯めて楽しむ、「マイラー」と呼ばれる人は多くいます。

実際によく搭乗する人だけでなく、もっぱら地上でマイルを稼ぐ人(陸マイラー)も。

いずれの場合も、マイラーならばクレジットカードを積極的に活用したいものです。

この記事では、ANAのマイルを貯めるのに向いている、「ANA VISAワイドゴールドカード」を紹介します。

ANA VISAワイドゴールドカードのメリット
  • マイルが効率的に貯まる
  • ゴールドのサービスが受けられる
  • 年会費は安くできる
ANAカードおすすめランキング|提携ブランドでマイル還元率を比較してみた

アイキャッチ画像引用元:ANAマイレージクラブの楽しみ方 | ANAマイレージクラブ

ANA VISA ワイドゴールドカードとは?

ANA VISAワイドゴールドカード

マイルを効率的に貯めるための、航空会社提携カードも数多くあります。

ANA VISAワイドゴールドカードとは、どのような位置づけにあるのでしょうか。

概要ANA VISAワイドゴールドカード
年会費15,400円(税込)
入会資格・満20歳以上
・本人に安定的な継続収入がある
ポイント1,000円のカード利用で1ポイント
(1ポイント=10マイル)
付帯保険死亡・後遺障害:5,000万円(最高)
治療費用:150万円
賠償責任:3,000万円
など
付帯特典空港ラウンジ利用

ANAゴールドカードとして

ANAゴールドカード

画像引用元:フライトでも、日常でもマイルがもっと貯まる ANA GOLD CARD | ANAマイレージクラブ

ANAカードは、ANA(全日本空輸)と提携しているクレジットカードのラインナップです。

ですが、ANAカードというカード会社があるわけではなく、国際ブランドごとにカード発行会社が異なります。

ANAカードにも、プラチナからスタンダードまでさまざまな種類がありますが、スタンダードカードより格の高い上級カードが、ANAゴールドカードです。

ANAゴールドカードには、国際ブランド別に4ブランドがあり、発行会社が異なっています。

ANA VISAワイドゴールドカードは、三井住友カードが発行し、審査も三井住友カードがおこないます。

ANAカードの公式サイトから申し込みをしても、三井住友カードの公式サイトに移行します。

ゴールドカードは、「年会費が高くてコストパフォーマンスが悪い」と思う人もいるでしょう。確かにそういう点もあります。

そして実際、一般のクレジットカードは、グレードによってポイント還元率が大きく変わるわけではありません。

この点、マイル獲得系のカードは、グレードが上がれば上がるほど還元率が高くなる傾向があります。

グレードが上がれば、高い年会費の元も取り返しやすくなっています。

三井住友 VISAゴールドカードとして

Mitsui Sumitomo VISA

三井住友ゴールドカードといえば、ゴールドカードの代表といえる1枚です。

三井住友ゴールドカードを基本に、ANAとの提携部分を加えたのが、三井住友 VISAゴールドカードといえます。その分、年会費も高くなっています。

わかりやすい違いのひとつは、三井住友ゴールドが30歳以上対象なのに、ANA VISAワイドゴールドカードは20歳以上の申込み可であること。

20歳でも申し込める点はメリットのように見えますが、実はそうでもありません。

通常の三井住友ゴールドには、20歳以上が申し込めて年会費が半額のプライムゴールドカードがあるからです。

三井住友ゴールドでも、ANAワイドゴールドでも、国際ブランドはVISAの他にMastercardも選べます。

三井住友カードといえば日本におけるVISAブランドの草分けですが、現在ではMastercardブランドにも定評があります。

ANAと提携の、三井住友マスターゴールドカードもVISAカードと機能は同じです。こちらを選ぶのもいいでしょう。

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を安くする手段

ANA VISAワイドゴールドカードは、年会費が14,000円(税別)します。

ゴールドカードであり、かつ提携カードのために、高めの年会費設定となっています。

提携カードでない、三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税別)ですから、これと比べても高いことがわかります。

年会費が高くてもメリットがあることは追って説明しますが、その前に年会費を安くできる方法を解説しましょう。

これは三井住友カードの共通項で、リボ払いを活用することなどで安くできます。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合、年会費割引特典は2点あり、併用できます。

なお、家族カード年会費は、1枚4,000円(税別)となっています。割引はありません。

2つの年会費割引特典(税別)
  • WEB明細・・・1,000円
  • リボ払い登録・・・3,500円

WEB明細サービス

クレジットカードの明細は、郵便で送ってもらわずに会員用WEBサイトで確認する方も多くいるのではないでしょうか。

スマートフォンで確認しても、決して見づらくはありません。

WEB明細サービスに申し込んで、紙の明細を止めるだけで、次の年の年会費が1,000円(税別)安くなります。

マイ・ペイすリボ登録と利用

三井住友カードのリボ払いはすべて、「マイ・ペイすリボ」と言います。

マイ・ペイすリボ

画像引用元:マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード

そもそも「リボ払い」とは、毎月一定の支払額を利用者が決める仕組みです。

一定の額を超えたカード利用額については、すべてリボ手数料(利息)のつく借金となるのです。

そのため、漫然とリボ払いを利用していると借金が増えてしまうので、気を付けないといけません。

しかし、注意してリボ払いを活用すれば、年会費が安くなるというメリットが生まれます。

2020年1月現在、マイ・ペイすリボを登録するだけで年会費が3,500円(税別)安くなるのです。

マイ・ペイすリボは、初年度年会費無料のタイプなので、月のカード決済額合計が毎月一定の額を超えなければ手数料は発生しません。

なので、毎月一定の支払額を高い額に設定しておけば問題はないのです。

ただし、2021年2月から年会費割引のルールが変わり、年1回、実際にリボ手数料を発せないと年会費割引がなくなります。

2021年以降は、どこかの月で実際のカード利用額をわずかに下回る額に毎月一定の額を変更し、ごく少額のリボ手数料を発生させるといいでしょう。

ごく少額のリボ手数料にする具体例

年会費を安くするために、ごく少額のリボ手数料を発生させるには、どうすればいいのでしょうか。

具体的な例を考えてみましょう。

  • 毎月一定の支払額・・・20万円(高くしておく)
  • ある月のカード利用額・・・152,000円《A》
  • 毎月一定の支払額を変更する・・・15万円(自分で引き下げる)《B》
  • 手数料の発生するリボ残高・・・2,000円《A》-《B》

このようにして、手数料の付くリボ残高が2,000円の場合、次の支払日までの日数を30日とすると、リボ手数料はこうなります。

2,000 × 18.0% ÷ 365 × 30 = 29.5890 ※18.0%は三井住友カードのリボ金利

手数料29円で、年会費を3,500円割引できるのですから、手間を惜しまずリボを使いましょう。

リボ払いの手数料は、繰り上げて支払ってしまうこともできます。

早く支払えば、さらに手数料が安くなりますので、試してみるといいでしょう。

年会費14,000円 -(WEB明細1,000円 + リボ払い登録3,500円)=9,500円

上記のとおり、2種類の年会費割引特典を併用すると、ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は9,500円(税別)となります。

マイ・ペイすリボによる年会費割引
  • 2021年1月まで・・・登録だけで年会費割引
  • 2021年2月以降・・・実際にリボ手数料の発生があると年会費割引

ANAのマイルを貯める

ANAマイレージクラブ

画像引用元:旅と日常をもっと豊かに | ANAマイレージクラブ

割引を適用したとしても、ANA VISA ワイドゴールドカードは年会費は税込で1万円超です。

決して安いとは言えない年会費ですが、実はANAマイルを効率的に貯める機能によって大幅に取り戻すことができます。

ゴールドカードの機能には興味がないという人でも、マイルを貯めたいのならANAワイドゴールドを検討してみるのも手です。

カード利用でマイルが貯まる

マイルは、実際に飛行機に搭乗して貯めるものだけではありません。

日々のクレジットカード利用で貯めたポイントをマイルに替えることで大きなリターンが得られます。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合、カード利用1,000円(税込)について1ポイント貯まります。

この1ポイントを10マイルとして移行できるのが、ゴールドの強みです。

つまり、1,000円 = 1ポイント = 10マイル ということです。

ポイントをマイルへ移行する方法

ポイントからマイルへ移行する方法は2種類あります。

  • 応募方式・・・貯めたポイントを自分の手続でマイルに移行する
  • 自動方式・・・カード利用により毎月自動でマイルが貯まる

応募方式のほうがマイルを最大限に貯めるには有利です。

応募方式は、ポイント有効期限(3年)をフル活用できます。ギリギリに移行をすれば、ポイント有効期限とマイル有効期限を併せて最大6年マイルが貯められます。

他のカードに見られる、移行上限(1年で交換できるポイントの限度)はありませんので、有効期限まで大きく貯められます。

自動方式の場合は楽でいいのですが、貯まったマイルについて毎月、有効期限(3年)を気にしなければなりません。

例えば、2020年1月4日にカードを利用して貯まったマイルについては、2020年1月から数えて36ヵ月後である2023年1月31日までが有効期限となります。

なお、ゴールドの場合、マイル移行手数料は不要です。

マイル還元率について

ANA VISAワイドゴールドカードのマイル還元率は1.0%と高い還元率です。

さらに、最終的に1マイルがいくらに換算されるかを考えることで、このカードのポイント還元率も算出できます。

マイルは大きく貯めることで、有利な特典航空券等に交換できるので、飛躍的に価値が高くなります。

使い方次第では1マイル10円にも15円にもなりますが、ぐっと控えめに1マイル=2円として計算してみます。

その場合、カード利用額1,000円につき10マイル=20円ですから、ポイント還元率は実に2.0%ということになります。

かなり高い数字です。

カードで年間100万円使えば、割引後の年会費相当額(税抜き9,500円)の倍程度のマイルを獲得できます。

ボーナスマイル

ANA VISAワイドゴールドカードを使っていると、さまざまなボーナスマイルがもらえます。

こちらはフライト時のマイルと同様、三井住友カードのワールドプレゼントは経由せず、直接マイルに加算されます。

ポイントについて応募方式を利用している場合、管理が別口になるので気を付けましょう。

比較のため、カッコ内にスタンダードカードのボーナスを記載しています。

  • 入会と継続時・・・2,000マイル(1,000マイル)
  • ANA航空券購入・・・100円につき1マイル(100円につき1マイル)
  • 搭乗ボーナスマイル・・・25%(10%)

航空券購入は、カード決済による100円=1マイルと併せると、100円につき2マイルとなります。

ゴールドカードの機能

空港ラウンジのイメージ

画像引用元:ANAマイレージクラブの楽しみ方 | ANAマイレージクラブ

高いマイル還元率を誇るANA VISAワイドゴールドカードですが、ゴールドカードとしての性能はどうなのでしょうか。

空港ラウンジ利用

ゴールドカードのひとつの特徴が、国内の主要空港とホノルルの空港ラウンジに無料で入室できること。

空港ラウンジはソフトドリンク飲み放題でWi-Fi完備と、フライト前の仕事をするには最適です。

ANAカードの資格では豪華なANAラウンジは使えませんが、ANAの上級会員であればANAラウンジを使うことができます。

ANA上級会員にならなくても、ゴールドの上の「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」があれば、国内のANAラウンジに入れます。

海外旅行傷害保険

ゴールドカードらしいもうひとつの特徴が、海外旅行傷害保険です。

海外旅行傷害保険は海外に行く際に必須のもの。クレジットカード付帯の保険だけで済むなら、手間いらずで便利です。

ANA VISAワイドゴールドカードに付帯の海外旅行傷害保険、補償額(最高額)は次の通りです。

補償内容本人・家族カード会員家族特約
死亡・後遺障害5,000万円1,000万円
治療費用(傷害)150万円50万円
治療費用(疾病)150万円50万円
賠償責任3,000万円1,000万円
携行品損害50万円15万円
救援者費用100万円50万円

すべての補償は、自動付帯つまりカードを持っているだけで適用されます。

家族特約は、同行の家族に適用される補償です。特に、家族カードを持てない18歳未満の家族にとっては重要です。

この補償内容は、三井住友VISAゴールドカードとは異なります。

三井住友ゴールドの場合、治療費用が300万円、同家族特約が200万円と、カード1枚で家族旅行に行ける補償額となっています。

これと比べると、ANA VISAワイドゴールドカードの補償内容は見劣りします。

ゴールドカードとしての性能もそれほどいい内容ではありませんし、これ1枚で旅行に行くと不測の事態に対応できないかもしれません。

機能に優れたこのカードの「最大のデメリット」といえるでしょう。

ANAゴールドカードのラインナップでは、海外旅行傷害保険は他のカードのほうが優れています。

ANA JCBワイドゴールドカードも、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも、以下の補償内容となっています。

  • 治療費用(本人)300万円
  • 治療費用(家族特約)200万円

ビジネスカウンターでのチェックインが可能

これも、ゴールド以上のANAカードならではのサービスです。

ANA国際線で、エコノミークラスのチェックインでも、空いているビジネスクラスカウンターを使えます。

ANA VISAワイドゴールドカードの評価

ANAスカイコイン

画像引用元:旅と日常をもっと豊かに | ANAマイレージクラブ

ANA VISAワイドゴールドカードの性能を見てきましたが、他と比べるとどうでしょうか。

マイル獲得の機能については、十分な性能といえます。

ただし、ゴールドカードとしての機能は、航空系でないカードと比べると見劣りがします。

これは仕方ないとしても、海外旅行傷害保険が、ANA JCB、ANAアメックスのゴールドカードに負けている点はやや難点かもしれません。

そして陸マイラーの場合は、ゴールドでなく一般のANA VISAカードのほうが、コストパフォーマンスがいいかもしれません。

ANA VISAワイドゴールドカードは、次のすべての条件を満たす人にお勧めです。

ANA VISAワイドゴールドカードがお勧めの人
  • マイラーである
  • 年に数回は空港カードラウンジを使いたい
  • 海外旅行傷害保険は別途用意する

このカードのワンランク上に、「ANA VISAプラチナプレミアムカード」というANA提携のプラチナカードがあります。

こちらは、年会費が8万円(税別)もしますが、マイル付与の機能が圧倒的で、年会費を取り返せる1枚です。

ANA VISAプラチナプレミアムカードを入手するまでのつなぎとして、ANA VISAワイドゴールドカードを持つのもいいでしょう。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定