JCB CARD Wの審査は厳しい?落ちる原因と対策・万全に準備すること

  • 2020年4月4日
  • 2020年12月2日
JCB CARD Wの審査は厳しい?落ちる原因と対策・万全に準備すること

JCB CARD Wは年会費無料、高いポイント還元率が魅力のクレジットカードです。

学生でも作りやすいカードとして知られていますが、中には「審査に落ちてしまった……」という人もいるかもしれません。

落ちた理由としては、審査が厳しいなどの理由が考えられますが、原因はそれだけではありません。

審査に落ちる原因は、意外と身近なところにあったりするものです。

今回は、JCB CARD Wの審査に落ちる原因や対策について解説していきます。

審査にかかる日数や審査結果の確認方法、年収や勤続年数、在籍確認などの関係性といったことも理解していきましょう。

JCB CARD Wの審査に落ちる原因と対策について
  • カードの審査では「支払い能力」「クレヒス」「資産」の主に3つがチェックされる
  • JCB CARD Wの審査資格は18歳以上39歳以下+本人or配偶者に安定収入がある人
  • 「クレヒスに傷がある」「連続での申し込み」「誤記入」などで審査落ちする可能性がある
  • 審査に落ちないためには「クレヒスを積む」「キャッシング枠0」「借金を完済する」などが必要
JCB CARD W
年会費 永年無料 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 1.00%~ ポイント Oki Dokiポイント
マイル ANA 付帯保険 海外旅行/ショッピング
電子マネー QUICPay スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
今なら入会特典で最大11,500円相当プレゼントキャンペーンサイトを見る

クレジットカードの審査では何が見られるの?

クレジットカードの審査項目
  • 支払い能力
  • クレジットヒストリー
  • 資産

クレジットカードを発行する際に行われる「審査」

カード会社が設けた審査基準を申込者が満たしているかが確認されます。

クレジットカードはその仕組み上、代金をカード会社が一時的に肩代わりし、利用者が一定の期日にまとめて支払うという形をとります。

簡単に言えば、利用者が一時的にカード会社に借金をして、それを返済するという形です。

そういった仕組みなため、カード会社は誰にでもカードを発行するわけではありません。

カードを利用しても問題なさそうな人を見極めるために審査が行われます。

では、クレジットカードの審査では一体どのような項目が見られているのでしょうか。

まずは、一般的なクレジットカードの審査項目をチェックしてみましょう。

クレジットカードの審査基準①:支払い能力

支払い能力とは、クレジットカードを利用する上で支払い代金を問題なく返済できる能力を指します。

クレジットカードの審査において最も重要といってもいいでしょう。

支払い能力は、主にその人の「収入」から判断されます。

年収はもちろん、勤務形態や勤続年数、勤務先の規模など「定期的な収入があり、一定の金額を満たしているか」が重要となります。

そのため、一般的にクレジットカードの審査ではアルバイトやパートよりも正社員や公務員の方が有利になります。

ただ、クレジットカードによっては学生や主婦など定期的な収入がなくても、配偶者や親の収入があれば審査に通過できる場合もあります。

クレジットカードの審査基準②:クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは「信用取引を行なった履歴」のことです。

クレジットカードやローン、公共料金、携帯電話料金の支払い履歴が記録されています。

クレジットヒストリーは信用情報機関に保存されており、カード会社が申込者の審査に活用します。

過去に支払い遅延や返済が滞ったなどの悪い情報が記録されていると審査にマイナスの影響を及ぼします。

いくら収入が満足にあっても支払いがたびたび遅れてしまう人にカードを発行するのは、カード会社にとってリスクとなってしまいます。

クレジットヒストリーに傷がついて審査に落ちてしまわないように、日頃から支払いは遅れないように注意しましょう。

クレジットカードの審査基準③:資産

申込者が有している「資産」も審査対象に含まれます。

クレジットカードを申し込む際に「預貯金額」「持ち家かどうか」などの情報を記入することがありますが、これらの情報はいざというときに支払う余裕があるかが審査されています。

JCB CARD Wの申し込み資格

JCB CARD W

JCB CARD Wの申し込み資格を見ていきましょう。

カードの申し込み資格によっても審査のハードルを伺うことができます。

公式サイトでは、以下のような申し込み資格が設定されています。

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

出典:高いポイント還元率、年会費無料のJCB カード W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

また、年会費などのその他の情報は以下を確認してください。

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)

JCB CARD Wは学生でも作れる!

申し込み資格から読むと「JCB CARD Wは学生でも作れる」ことがわかります。

「18歳以上」で「配偶者に安定継続収入がある」人であれば、学生(高校生を除く)でもカードを申し込むことができます。

JCB CARD Wの審査は厳しい?

JCB CARD Wは「18歳以上39歳以下」と若年層をターゲットにしたクレジットカードであることがわかります。

年会費も無料であることからも、比較的作りやすクレジットカードと判断できます。

JCB CARD Wの審査に落ちた原因は?

JCB CARD Wの審査に落ちる原因
  • 信用情報(クレヒス)に傷がある
  • 短期間に何回もカードの申し込みをしている
  • 記入情報に誤りがあった
  • 借入件数が多い
  • 申し込み資格を満たしていなかった

「JCB CARD Wなら審査に落ちることもないだろう……」と思っていたら、審査に落ちてしまったという人は落ちた原因を知っておきましょう。

年収や勤務形態など、すぐにはどうにもできないことが原因であれば仕方がない部分もありますが、意外と簡単なところに原因が見つかったりもします。

一般的にクレジットカード会社は審査基準を公開しているわけではありませんが、審査に落ちる原因を推測することはできます。

これから紹介する「審査に落ちた原因」を見て、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

原因①:クレヒスに傷がある

先ほど紹介した「クレジットヒストリー」に悪い履歴が残っていたために審査に落ちてしまった可能性があります。

過去に所有していたクレジットカードの支払いやローン、家賃、携帯料金など支払いが滞っていた記録をカード会社が見て、審査に通過させないという判断をします。

クレヒスに残っている記録は信用情報機関や傷の内容にもよりますが、原則として5年間は保存されます。

1回でも支払いに遅延が生じた場合でも、その記録が長期に渡って保存され、カードの審査に悪影響を及ぼしてしまいます。

もしクレヒスに不安がある人は、下記の信用情報機関に記録されている情報を確認してみましょう。

信用情報機関一覧
  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

スーパーホワイトも審査に不利

クレヒスに傷があるのも審査において不利に働きますが、逆にクレヒスに記録されている情報が全くない「スーパーホワイト」と呼ばれる状態でも審査に落ちてしまうことがあります。

特に30代以上で信用情報に全くの記録がない場合、カード会社が審査を行う上での判断材料がないために審査に落ちてしまいます。

過去に支払い遅延などのマイナス情報がないのは悪いことではないのですが、信用取引の経歴がないというのもカード会社にとってはリスクに取られてしまいます。

スーパーホワイトの人は比較的作りやすいクレジットカードを作成して、信用情報を積み重ねるなど不利な状況を打開しなければなりません。

原因②:短期間に何回も申し込みをしている

クレジットカードの審査に通過できないからと言って何社も同時に申し込むのは逆効果です。

一度にたくさんのカードに申し込んだり、短期間に何社にもカードを申し込んだりすると、カード会社は「お金に困っている」と判断するようです。

審査に通らなくて焦る気持ちもあるかもしれませんが、短期間に何回もカードに申し込むのは審査に落ちる原因となってしまうので控えましょう。

原因③:記入情報に誤りがあった

申し込みの際に記入する個人情報が事実と異なる場合でも審査に落ちてしまいます。

たとえ間違いだったとしても、記入情報と実際の情報が異なる場合には、カード会社としても審査に通すわけにはいきません。

収入額や借入件数など審査に直結する内容を印象良くするためにごまかすのもアウトですし、住所や電話番号の記入ミスも審査落ちの原因となります。

在籍確認を無視すると審査に落ちる

クレジットカードに申し込みを行うと、勤務先の会社に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

記入した勤務先などの情報に誤りがないか確認するために行うのですが、この在籍確認が取れなかった場合にも審査に落ちてしまいます。

カード会社にしてみれば、記入した情報を確認することができなかったという判断となるため、審査に落ちてしまうのも仕方ありません。

原因④:借入件数が多い

すでにたくさんのクレジットカードを発行していたり、至る所から借入をしていたりすると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

借入件数が多いと「1社では賄いきれないほどにお金を借りている」と判断されてしまい、支払い能力を疑われてしまいます。

原因⑤:申し込み資格を満たしていなかった

基本的なことではありますが、クレジットカードの申し込み資格を満たしていなければ審査に通過することはできません。

JCB CARD Wでは以下の申し込み資格が設定されています。

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

40歳以上の人でJCB CARD Wに申し込んでも絶対に発行されませんし、「本人または配偶者に安定継続収入ある方」という条件も満たしている必要があります。

JCB CARD Wの審査に落ちないための対策は?

JCB CARD Wの審査に落ちないための対策
  • 前回の審査から日数を開ける
  • 借金などを完済する
  • キャッシング枠を設定しない
  • クレヒスを積む

ここまで審査に落ちてしまう原因について解説してきましたが、それを踏まえた上で審査に落ちないための対策を考えてみましょう。

「これをすれば絶対に審査に通る」と断言することはできませんが、審査に落ちてしまう原因を1つずつ潰すことで発行できる可能性を少しでも高めていきましょう。

対策①:前回の審査から日数を開ける

前回の申し込みから、すぐにまた申し込むのは避けましょう。

一般的に、前回の申し込みから6ヶ月以上の期間をあけることが必要です。

前回の申し込み時に審査に落ちてしまったからといってすぐにまた申し込むのではなく、審査に落ちてしまった原因を冷静に探してみましょう。

対策②:借金などを完済する

借入件数が多いと審査に落ちてしまう可能性が高まってしまうので、借金などがある方はできるだけ返済しておきましょう。

時間がかかるかもしれませんが、借入件数が少ないほどが圧倒的に支払い能力があると判断されやすくなります。

対策③:キャッシング枠を設定しない

クレジットカードの申し込み時に「キャッシング枠」を設定する項目がありますが、この枠を設定しないことで審査に通りやすくします。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠では審査基準が異なり、キャッシング枠の審査に落ちてしまったためにカードが発行できないという事態も考えられます。

特に必要ない場合には、キャッシング枠は「0」または「希望しない」と設定しておくようにしましょう。

対策④:クレヒスを積む

クレヒスがほとんどない方や過去の信用情報に傷がついている方は、地道にクレヒスを積んでいくことが必要です。

スマホ端末の分割払いなどでもクレヒスは記録されるので、そういった支払いを遅れることなく地道に実績を積み上げていきましょう。

JCB CARD Wの審査期間は?

JCB CARD Wの審査期間
  • 「インターネットでお支払い口座を指定」を選択した場合:1週間程度
  • 「支払口座設定を郵送」にし、「カードお届け時、運転免許証で本人確認」を選択した場合:1週間程度
  • 「支払口座設定を郵送」にし、「画像データで本人確認書類を提出」を選択した場合:1週間程度
  • 「支払口座設定」と「本人確認書類の送付」を郵送で提出にした場合:1週間程度

JCBカードの公式サイトでは審査期間に関する情報は公開されていません。

ただ、申し込んでからカードが届くまでの期間に関する情報は確認できました。

どの申し込み方法でも、申し込みから1週間程度でカードが発送されるようです。

ただし、一部のカード発行審査に時間がかかるため最大4週間ほど要する場合もあります。

JCB CARD Wの審査結果を確認する方法

JCB CARD Wの審査結果はメールで届きます。

また、審査結果を含む発行状況については「入会メッセージボックス」にて確認できます。

こちらにアクセスし、「入会受付番号または照会番号(半角数字16桁)」と「判定状況確認用キーワード」でログインしてチェックしてみてください。

「入会メッセージボックス」はこちら

JCB CARD Wは作りやすいカードなので初めてのクレカにおすすめ!

JCB CARD W

JCB CARD Wの審査のポイント
  • JCB CARD Wは親の収入があれば学生(18歳以上)でも作れる
  • 審査を受ける際には信用情報や借入情報などに注意する
  • 短期間で何度も申し込むと審査において不利になる
  • JCB CARD Wが手元に届くまでには1週間程度かかる

JCB CARD Wは年会費無料でポイントも貯まりやすいクレジットカードです。

若年層向けのカードでもあり、審査においても比較的作りやすいと考えられるので、初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

JCB CARD Wに申し込む際は、審査に落ちる原因と対策を確認して不足のないようにしましょう。

初めてのJCBカードなら
オリジナルシリーズがおすすめ!

  • JCB CARD W

    JCB CARD W

    39歳まで限定!年会費無料・ポイント2倍
  • JCB一般カード

    JCB一般

    最短翌日カードお届け。JCBのスタンダードカード
  • JCBゴールド

    JCBゴールド

    最短翌日カードお届け。初年度年会費無料。
  • JCBプラチナ

    JCBプラチナ

    最高クラスの優待とサービスを
  • JCB CARD W plus L

    plus L

    女性におすすめ!年会費無料・ポイント2倍
  • JCB GOLD EXTAGE

    JCB GOLD EXTAGE

    20代で持つゴールドカード。初年度年会費無料。