三井住友VISAカード完全ガイド|2019年に選ぶならこの1枚だ!

2019年!新社会人に!

そろそろクレジットカードを作りたい。

もっとお得なクレジットカードに変更・追加したいと考えている方は多いでしょう。

クレジットカードを作るときに気になるのが「どこのカード」を作るかということ。

そんなときにオススメなのが、三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは三井住友銀行などのSMBCグループが発行しており、名前は超有名な国内大手のカード会社です。

なんと「VISAカード」を最初に発行したのは三井住友カードという安心できる歴史と実績があります。

そんな三井住友VISAカードは種類がとても多く、どれが自分にあったクレジットカードなのか把握するのがとても大変。

この記事では今選ぶべき三井住友VISAカードを特長やシーン別に徹底解剖します。

2019年選ぶべき三井住友VISAカード
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカード(A)
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAプライムゴールド
  • 三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAカードの基礎知識

画像引用元:三井住友カードが発行するおすすめプロパーカードのメリット

三井住友VISAカードのオススメを選ぶには、まず三井住友VISAカードの基礎知識を確認する必要があります。

三井住友VISAカードはその名の通り三井住友グループ(SMBC)が発行しているカードです。

三井住友VISAカードは安心・安全、VISAカードのパイオニア

画像引用元:三井住友VISAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは公式サイトでも説明している通り、日本におけるVISAカードのパイオニアです。

まさにVISAカードのリーディングカンパニーといっていいでしょう。

また三井住友VISAカードは世界水準でもトップクラスのセキュリティを誇ります。

だからこそ安心して持つことができ、新社会人や学生など初めてクレジットカードを持つ方にぴったりなカードです。

また銀行系のカードのためステータスもしっかりしているので2枚目、3枚目にも選ばれやすいのも特徴。

三井住友VISAカードは大きく分けて6種類!

画像引用元:三井住友VISAカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAカードにはステータスや年齢によって様々な種類が用意されています。

上の画像は5つしかありませんが、クラシックカードには通常と学生用の2枚があるので合計6種類です。

ここからが本題ですが、これら6つのうちどれを選べばいいのか?

まずはどんなタイプのカードがあるのか確認してみましょう。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカード(A)
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

以上の6種類。

どれがどれだか分からない!

と思われがちですが、実も特徴は明確でどれが自分にあっているのかはっきりと見えてきます。

三井住友VISAカードを簡単に分類

画像引用元:安心と信頼のクレジットカードなら、三井住友VISAカード

あまり難しいことを考えずに、とても簡単に説明すると以下の通り。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード
18歳から25歳限定のまさにデビューカード!

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカード(A)

三井住友VISAクラシックカードA
三井住友VISAカードの定番カード!(A)の方はアカデミックの略で学生用です。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友カードVISAカードアミティエ
女性に嬉しいカードでケータイ払いに強い!

三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード
20代限定のちょっとリッチなゴールドカード。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友カードVISAゴールドカード
上質なカードを欲しい方はこのゴールドカードを!

とても短い説明ですが、なんとなく三井住友VISAカードの分類がわかってきたのではないでしょうか?

三井住友VISAカード6種類を一覧表で確認!

画像引用元:プロパーカードとは?三井住友カードが発行するおすすめプロパーカードのメリット|クレジットカードの三井住友VISAカード

6種類がなんとなくどんなカードか理解できたところで、一覧表で様々な比較をしてみましょう。

上記の写真は三井住友カードの公式サイトにあるものです。

シンプルに掻い摘んでまとめたのが以下の表です。

三井住友VISAカード比較
項目デビュープラスクラシッククラシックAアミティエプライムゴールドゴールド
初年度年会費無料無料無料無料無料無料
次年度以降年会費1,250円+税1,250円+税
※学生は在学中無料
250円+税
※学生は在学中
1,250円+税
※学生は在学中無料
5,000円+税10,000円+税
ポイント還元率1.0%~2.5%0.5%0.5%0.5%0.5%0.5%
旅行傷害保険なし最高2,000万円の海外旅行最高2,500万円の海外・国内旅行最高2,500万円の海外・国内旅行最高5,000万円の
海外・国内旅行
最高5,000万円の
海外・国内旅行
入会資格満18歳~25歳
※高校生は除く
満18歳以上
※高校生は除く
満18歳以上
※高校生は除く
満18歳以上
※高校生は除く
満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方原則として、30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

表をみてもなんのこっちゃ!の人のために見方を簡単に解説します。

見るべきポイントしか表にしてないのでしっかり確認してそれぞれの特徴を理解しましよう。

見るべきポイント1:年会費

年会費とはクレジットカードを利用するにあたって支払うものです。

無料のものから数万円なんてものまで。

基本的にステータスが高いゴールドカードは年会費が高い傾向にあります。

また初年度は無料で、次年度からは年会費が発生したり条件付きで無料になったりと様々です。

見るべきポイント2:ポイント還元率

これ、クレジットカードを選ぶときに最も重要なポイントです。

〇〇円買ったら〇〇円ポイントを還元するよ!というもの。

クレジットカードを選ぶ場合はなるべく高いポイント還元率のものを選ぶ人が多いです。

三井住友VISAカードのポイント還元率は?
  • 1,000円のお買い物で1ポイント(1ポイントは5円分)
  • 結論として基本は0.5%の還元率

三井住友VISAカードで10,000円の買い物をすると10ポイントもらえます。

このポイントは1ポイント5円相当の価値があるため、50円となります。

通常ポイント還元率は1%でも高いといわれます。

また還元率は買い物の仕方によって大きく変動するので、賢く利用すればどんどん上がります。

少し複雑ですので、詳しく後述します。

見るべきポイント3:旅行損害保険

旅行に行った際に何かあった場合、クレジットカードが保険の役割を担ってくれます。

海外に行くさいは保険に入る人が多ですが、それをクレジットカードでまかなうことが可能です。

補償金額はカードの種類によって異なり、ステータスが高い方が保険も当然て厚くなります。

見るべきポイントは海外、国内どちらに対応しているのか?というところ。両方がベストです。

見るべきポイント4:入会資格

これは簡単ですね。

クレジットカードを作ることができる条件です。

年齢制限などが主です。

表の見方がわかれば自分にあったカードがどれなのか、見えてきますよね。

次のページからはそれぞれの三井住友VISAカードを深掘りしていきます。

シーンごとに分類し、どういった特徴があるのかメリット・デメリットも併せて解説します。

初めて作るならこれ!2019年の定番&人気クレジットカード7選