「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較|作るならどっちがお得?

ビューカードはJR東日本グループが発行するクレジットカードであり、Suica機能が利用できるクレジットカードとして人気があります。

ビューカードは複数種類があり、カードによってさまざまな特典が利用できるのが特徴です。

ビューカードとは?
  • JR東日本グループが発行しているクレジットカード
  • Suica機能が使えるクレジットカードとして人気が高い
  • Suicaクレジットチャージや定期券を利用するとポイント還元率が3倍になる
  • ルミネやビックカメラ、JALなどさまざまな企業と提携しているビューカードも

今回は、ビューカードの特徴について詳しく解説するとともに、「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較します。

ビューカードを検討している人は、参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

ビューカードとは

JR東日本グループであるビューカードが発行するクレジットカードには、以下のようなものがあります。

ビューカード単体で発行する「ビュー・スイカ」カードはじめ、さまざまな企業と提携してクレジットカードを発行しています。

  • 「ビュー・スイカ」カード
  • JREカード
  • ルミネカード
  • JALカードSuica
  • ビックカメラSuicaカード
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード など

ビューカードの特徴

ビュー・スイカカード(JCB)

まず、ビューカード全般の特徴について詳しく解説していきます。

ここで紹介する特典・機能は、ほとんどのビューカードに共通して付帯しています。

Suicaオートチャージに対応

Suicaのチャージ金額が一定額を下回ると、改札通過時自動的にクレジット決済によってチャージ!

このようなオートチャージに対応しているのは、ビューカードにしかない特長です。

チャージの手間や時間を省くことができ、残高不足により改札で止められることがなくなります。

オートチャージと定期券購入によるポイント還元率1.5%

ビューカードでのSuicaオートチャージや定期券の購入でポイント還元率は1.5%です。

通常のショッピング利用のポイント還元率0.5%と比べると、Suicaチャージや定期券購入では、ポイントが3倍になるということ。

そのため、ビューカードは通勤や通学でJR東日本鉄道沿線やSuicaを利用している人におすすめしたいクレジットカードです。

Suica定期券機能付きもある

ビューカードはSuicaと連携しているクレジットカードなので、クレジットカードでSuicaを利用することが可能です。

また、ビューカードによってはSuica定期券情報を書き込めるものもあります。

つまり、クレジットカード、Suica、定期券の3つの機能を1枚にまとめることができるのです。

Web明細利用でポイント獲得

郵送による明細書の送付が不要なら、スマートフォンやPCでWeb明細を利用できます。

Web明細は、発行のたびにJRE POINTが50ポイント獲得できるという特典が。

12ヶ月なら600ポイントなので、年会費以上のポイントが得られるかもしれません。

年間利用額に応じてボーナスポイントも

多くのビューカードは、年間利用額に応じてボーナスが進呈されます

例えば、「ビュー・スイカ」カードは年間利用額に応じたJRE POINTが、ルミネカードならルミネ商品券が獲得できます。

年会費は初年度無料、翌年度以降も無料or安め

ほとんどのビューカードが基本的に初年度の年会費は無料ですが、翌年度は年会費が発生することも。

中には条件を満たせば翌年度も無料になるカードはありますが、一部のビューカードは翌年度以降も必ず年会費が発生するようになっています。

ただし、ほとんどが500円~1,000円程度なので、そこまで大きな負担ではありません。

ビューカードの特徴
  • Suicaオートチャージに対応する唯一のクレジットカード
  • オートチャージと定期券購入でポイント1.5%還元
  • クレジットカード・Suica・Suica定期券が1枚に(一部のビューカードは定期券機能なし)
  • Web明細利用で最大年間600ポイントゲット
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントが付与されるビューカードも
  • 翌年度以降年会費がかかるものも

次のページでは、ビューカードの中でもお得度の高い「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードについて詳しく紹介します。
ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介