「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較|作るならどっちがお得?

ビューカードはJR東日本グループが発行するクレジットカードであり、Suica機能が利用できるクレジットカードとして人気があります。

ビューカードは複数種類があり、カードによってさまざまな特典が利用できるのが特徴です。

ビューカードとは?
  • JR東日本グループが発行しているクレジットカード
  • Suica機能が使えるクレジットカードとして人気が高い
  • Suicaクレジットチャージや定期券を利用するとポイント還元率が3倍になる
  • ルミネやビックカメラ、JALなどさまざまな企業と提携しているビューカードも

今回は、ビューカードの特徴について詳しく解説するとともに、「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカードを比較します。

ビューカードを検討している人は、参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

ビューカードとは

JR東日本グループであるビューカードが発行するクレジットカードには、以下のようなものがあります。

ビューカード単体で発行する「ビュー・スイカ」カードはじめ、さまざまな企業と提携してクレジットカードを発行しています。

  • 「ビュー・スイカ」カード
  • JREカード
  • ルミネカード
  • JALカードSuica
  • ビックカメラSuicaカード
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード など
ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介

ビューカードの特徴

ビュー・スイカカード(JCB)

まず、ビューカード全般の特徴について詳しく解説していきます。

ここで紹介する特典・機能は、ほとんどのビューカードに共通して付帯しています。

Suicaオートチャージに対応

Suicaのチャージ金額が一定額を下回ると、改札通過時自動的にクレジット決済によってチャージ!

このようなオートチャージに対応しているのは、ビューカードにしかない特長です。

チャージの手間や時間を省くことができ、残高不足により改札で止められることがなくなります。

オートチャージと定期券購入によるポイント還元率1.5%

ビューカードでのSuicaオートチャージや定期券の購入でポイント還元率は1.5%です。

通常のショッピング利用のポイント還元率0.5%と比べると、Suicaチャージや定期券購入では、ポイントが3倍になるということ。

そのため、ビューカードは通勤や通学でJR東日本鉄道沿線やSuicaを利用している人におすすめしたいクレジットカードです。

Suica定期券機能付きもある

ビューカードはSuicaと連携しているクレジットカードなので、クレジットカードでSuicaを利用することが可能です。

また、ビューカードによってはSuica定期券情報を書き込めるものもあります。

つまり、クレジットカード、Suica、定期券の3つの機能を1枚にまとめることができるのです。

Suica対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄

Web明細利用でポイント獲得

郵送による明細書の送付が不要なら、スマートフォンやPCでWeb明細を利用できます。

Web明細は、発行のたびにJRE POINTが50ポイント獲得できるという特典が。

12ヶ月なら600ポイントなので、年会費以上のポイントが得られるかもしれません。

年間利用額に応じてボーナスポイントも

多くのビューカードは、年間利用額に応じてボーナスが進呈されます

例えば、「ビュー・スイカ」カードは年間利用額に応じたJRE POINTが、ルミネカードならルミネ商品券が獲得できます。

年会費は初年度無料、翌年度以降も無料or安め

ほとんどのビューカードが基本的に初年度の年会費は無料ですが、翌年度は年会費が発生することも。

中には条件を満たせば翌年度も無料になるカードはありますが、一部のビューカードは翌年度以降も必ず年会費が発生するようになっています。

ただし、ほとんどが500円~1,000円程度なので、そこまで大きな負担ではありません。

ビューカードの特徴
  • Suicaオートチャージに対応する唯一のクレジットカード
  • オートチャージと定期券購入でポイント1.5%還元
  • クレジットカード・Suica・Suica定期券が1枚に(一部のビューカードは定期券機能なし)
  • Web明細利用で最大年間600ポイントゲット
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントが付与されるビューカードも
  • 翌年度以降年会費がかかるものも

次の章では、ビューカードの中でもお得度の高い「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカードについて詳しく紹介します。

「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードの違い

BIC CAMERA Suica

次に、数あるビューカードの中でも人気を争う「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較します。

ビックカメラSuicaカードは、名前の通りビックカメラと提携して発行するSuica機能が搭載されたビューカードです。

一方、「ビュー・スイカ」カードはビューカードのプロパーカードです。

両者の違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

年会費の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:477円+税
  • ビックカメラSuicaカード:初年度無料、翌年以降477円+税(1度でも利用すれば翌年以降も無料)

ビックカメラSuicaカードは年に最低1回でもクレジット決済をすれば翌年の年会費が無料になります。

そのため、年会費の面ではビックカメラSuicaカードのほうがお得と言えそうです。

なお、前述したように「ビュー・スイカ」カードもビックカメラSuicaカードもWeb明細を12ヶ月利用すると600円相当のポイントが獲得できるため、「ビュー・スイカ」カードも年会費を実質無料にすることが可能です。

ポイント還元率の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:0.5%
  • ビックカメラSuicaカード:1.0%(JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%)

普段の買い物でもお得にポイントを貯めたいという場合は、ビックカメラSuicaカードが適しています

さらに、チャージしたビックカメラSuicaカードを使ってビックカメラで買い物をすると、なんとポイント還元率は10%

ビックカメラSuicaカードは、ポイント還元率がどのビューカードよりも総じて高いので、ポイント還元率重視の人はビックカメラSuicaカードを選ぶ方が間違いなくお得です。

なお、JRE POINT加盟店で利用する場合、どちらのカードもポイント還元率は1.0%です。

年間利用特典の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:年間利用額に応じてJRE POINTの進呈あり
  • ビックカメラSuicaカード:年間利用特典なし

「ビュー・スイカ」カードには年間利用特典があります。

得られるポイントは、30万円で250ポイント、70万円で1000ポイント、100万円で1500ポイント、150万円で2500ポイント

仮に年間100万円利用すれば、ビックカメラSuicaカードは10,000円分のポイントが、「ビュー・スイカ」カードは6500円分のポイントが得られる計算となります。

還元率の差は縮められますが、それでもなおビックカメラSuicaカードで得られるポイントのほうが大きいという結論に。

利用額が少ないならなおさら、ビックカメラSuicaカードのほうがメリットは大きいと言えるでしょう。

Suica定期券機能の有無

  • 「ビュー・スイカ」カード:Suica定期券機能あり
  • ビックカメラSuicaカード:Suica定期券機能なし

通勤・通学でSuica定期券を利用している人にとって、Suica定期券機能の有無は重要ポイント。

ビックカメラSuicaカードには、Suica定期券機能が残念ながらついていません。

ビューカードでSuica定期券を利用したいなら、「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードの違い
  • 年会費はいずれも477円+税だが、Web明細利用で実質無料にすることができる
  • ビックカメラSuicaカードは1度でも利用すれば翌年度年会費が無料に
  • 「ビュー・スイカ」には年間利用特典あり
  • 「ビュー・スイカ」カードはSuica定期券機能付き

次の章では、他の「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカードを比較してみましょう。

決め手はポイント還元率とSuica定期券機能の有無

画像引用元:ポイント交換商品一覧 JR東日本の共通ポイントサイト - JRE POINT

次に、「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードのポイントをまとめます。

項目「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカード
チャージ・定期券利用による還元率1.5%1.5%
ショッピング利用での還元率0.5%JRE POINT 0.5%
ビックポイント 0.5%
その他での利用特典 JRE POINT加盟店で1.0%還元 JRE POINT加盟店で1.0%還元
ビックカメラでの買い物で最大11.5%還元
年会費477円+税
477円+税(初年度無料、1度でも利用すれば翌年以降も無料)
Web明細ポイントサービス明細発行のたびに50ポイント(年間最大600ポイント)明細発行のたびに50ポイント(年間最大600ポイント)
年間利用ボーナスの有無×
Suica定期券との一体化の可否×

ビックカメラSuicaカードならとにかくポイントが貯まる!

ビックカメラで買い物をした場合はもちろん、その他のショッピング利用でも高い還元率を誇るビックカメラSuicaカード。

通常還元率が1.0%ととにかく高いため、ビックカメラを利用しない人にもおすすめのクレジットカードです。

「ビュー・スイカ」カードは通常還元率が0.5%と低いものの、年間利用特典があるのが魅力。

しかし、たくさん利用してもビックカメラSuicaカードで得られるポイントを上回るのは難しいかもしれません。

Suica定期券一体型なら「ビュー・スイカ」カード

ビックカメラSuicaカードは強くおすすめしたいクレジットカードですが、Suica定期券が一体化できないのが唯一の大きな欠点です。

裏を返せば、Suica定期券を利用しない人にとっては、ビックカメラSuicaカードは大きな欠点のないカードと言えそうです。

クレジットカードもSuicaも定期券も1枚のカードにまとめたいという場合は、ビックカメラSuicaカードではなく、一体化可能な
「ビュー・スイカ」カードを選ぶべきでしょう。

「ビュー・スイカ」カード公式サイトを確認する

なお、定期券機能が利用できるビューカードは以下の5種類です。

  • 「ビュー・スイカ」カード
  • ルミネカード
  • 「ビュー・スイカ」リボカード
  • JRE CARD
  • ビューゴールドプラスカード

ポイント重視ならビックカメラSuicaカード!自分に合ったビューカードを選ぼう

最後に、ビックカメラSuicaカードがお得なクレジットカードである理由についてまとめます。

ビックカメラSuicaカードがお得な理由
  • ビックカメラSuicaカードはポイント還元率が総じて高い
  • Suicaへのオートチャージの還元率などビューカードの特典の他に、ビックカメラSuicaカード独自の特典がある
  • Suica定期券機能は付いていないので注意
ビックカメラSuicaカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介

「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードの大きな違いは、ポイント還元率とSuica定期券機能の有無です

「ビュー・スイカ」カードはSuica定期券と一体化することができますが、ポイント還元率が低いので通常のショッピング利用には向いていません。

一方、ビックカメラSuicaカードはポイント還元率が他のビューカードよりも高いですが、定期券機能が付いていないという大きなデメリットがあります。

ポイント還元率か定期券機能か、どちらかを重視するかによって選ぶビューカードは異なるでしょう。

より多くのポイントを得たいなら、間違いなくビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ビックカメラSuicaカード公式サイトを確認する