「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較|作るならどっちがお得?

「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードの違い

BIC CAMERA Suica

次に、数あるビューカードの中でも人気を争う「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードを比較します。

ビックカメラSuicaカードは、名前の通りビックカメラと提携して発行するSuica機能が搭載されたビューカードです。

一方、「ビュー・スイカ」カードはビューカードのプロパーカードです。

両者の違いは、どのようなところにあるのでしょうか。

年会費の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:477円+税
  • ビックカメラSuicaカード:初年度無料、翌年以降477円+税(1度でも利用すれば翌年以降も無料)

ビックカメラSuicaカードは年に最低1回でもクレジット決済をすれば翌年の年会費が無料になります。

そのため、年会費の面ではビックカメラSuicaカードのほうがお得と言えそうです。

なお、前述したように「ビュー・スイカ」カードもビックカメラSuicaカードもWeb明細を12ヶ月利用すると600円相当のポイントが獲得できるため、「ビュー・スイカ」カードも年会費を実質無料にすることが可能です。

ポイント還元率の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:0.5%
  • ビックカメラSuicaカード:1.0%(JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%)

普段の買い物でもお得にポイントを貯めたいという場合は、ビックカメラSuicaカードが適しています

さらに、チャージしたビックカメラSuicaカードを使ってビックカメラで買い物をすると、なんとポイント還元率は10%

ビックカメラSuicaカードは、ポイント還元率がどのビューカードよりも総じて高いので、ポイント還元率重視の人はビックカメラSuicaカードを選ぶ方が間違いなくお得です。

なお、JRE POINT加盟店で利用する場合、どちらのカードもポイント還元率は1.0%です。

年間利用特典の違い

  • 「ビュー・スイカ」カード:年間利用額に応じてJRE POINTの進呈あり
  • ビックカメラSuicaカード:年間利用特典なし

「ビュー・スイカ」カードには年間利用特典があります。

得られるポイントは、30万円で250ポイント、70万円で1000ポイント、100万円で1500ポイント、150万円で2500ポイント

仮に年間100万円利用すれば、ビックカメラSuicaカードは10,000円分のポイントが、「ビュー・スイカ」カードは6500円分のポイントが得られる計算となります。

還元率の差は縮められますが、それでもなおビックカメラSuicaカードで得られるポイントのほうが大きいという結論に。

利用額が少ないならなおさら、ビックカメラSuicaカードのほうがメリットは大きいと言えるでしょう。

Suica定期券機能の有無

  • 「ビュー・スイカ」カード:Suica定期券機能あり
  • ビックカメラSuicaカード:Suica定期券機能なし

通勤・通学でSuica定期券を利用している人にとって、Suica定期券機能の有無は重要ポイント。

ビックカメラSuicaカードには、Suica定期券機能が残念ながらついていません。

ビューカードでSuica定期券を利用したいなら、「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

「ビュー・スイカ」カードとビックカメラSuicaカードの違い
  • 年会費はいずれも477円+税だが、Web明細利用で実質無料にすることができる
  • ビックカメラSuicaカードは1度でも利用すれば翌年度年会費が無料に
  • 「ビュー・スイカ」には年間利用特典あり
  • 「ビュー・スイカ」カードはSuica定期券機能付き

次のページでは、他の「ビュー・スイカ」カードビックカメラSuicaカードを比較してみましょう。