ゴールドカードおすすめランキング

dカード GOLDの海外旅行保険の詳細|dカードにない補償内容とお得度

MS251_japanpassport_TP_V

dカード GOLDには、海外旅行保険が自動付帯されています

dカード GOLDの海外旅行保険とは、一体どのような内容なのでしょうか。

dカード GOLDの海外旅行保険
  • 最大1億円の補償
  • 家族カード会員も本会員と同じ条件で利用することが可能
  • 補償金額は小さいが家族会員以外の家族も対象となる
  • 補償対象期間は出発してから家に帰るまでの最長90日間
  • 必ずしもdカード GOLDで支払いをする必要はない

今回は、dカード GOLDの海外旅行保険について紹介をします。

dカード GOLDの旅行保険がおすすめの理由|自動付帯でこの内容は凄い!

どのような保険なのか、dカード GOLDはdカードに比べて他にどのような点がお得なのかについても言及するので、ぜひ参考にしてください。

dカード GOLDの海外旅行保険の詳細について

まず、dカード GOLDの海外旅行保険の詳細について解説をします。

ゴールドカードには旅行保険が付帯されていることが多いですが、数多くあるゴールドカードと比べてもdカード GOLDの海外旅行保険の補償内容は充実しています。

補償対象から期間、補償金額まで細かく解説するので、是非チェックしてください。

補償の対象者

まず、補償の対象者についてです。

  • dカード GOLD契約中の本会員・家族会員
  • dカード GOLD本会員と生計を同一にする配偶者・19歳未満で同居の親族・19歳未満で別居の未婚の子ども

本会員・家族会員以外にも、家族カードを持たない特定の家族も対象となります。

ただし、本会員・家族会員よりも補償される金額は小さくなるので気をつけましょう。

そして、配偶者には下記に該当する人も含まれます。

  • 婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の状態にある人
  • 戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある人

内縁の夫婦や、同性のパートナーも対象となります。多様な家族が補償対象になっているのもdカード GOLDの魅力です。

海外旅行保険引受会社は東京海上日動火災保険株式会社

dカード GOLD付帯の海外旅行保険はNTTドコモが取り扱い代理店ですが、実際に保険金を支払うのは東京海上日動火災保険株式会社です。

保険事故が起きた場合は、東京海上日動dカード保険デスクに電話で連絡しなければいけません。

補償期間について

補償期間は、dカード GOLDを契約している間ずっとです。

その間に何度も利用できますし、利用したからといって自動車保険のように等級が下がったり、保険料がかかったりすることはありません。

補償の対象となる旅行期間

補償の対象となる旅行期間は、海外旅行を目的とした外出日から自宅に帰るまでです。ただし、何日でも補償されるわけではなく上限があります。

旅行出発日から起算して90日目の午後12時までが限度です。

つまり、90日以内の旅行であればdカード GOLD付帯の海外旅行保険でカバーできるということです。

補償の条件

利用中のクレジットカードを使って支払いをすることが保険を利用する条件にありますが、dカード GOLDにそのような条件はありません。

ただし、航空機や船舶費用、パック旅行代金などの支払いをdカード GOLDで行っていない場合、一部補償金額が減額されます。

旅行に関する費用は基本的にdカード GOLDで決済することをおすすめします。

dカード GOLDの海外旅行保険のここがすごい

次に、dカード GOLDの海外旅行保険がどのように優れているのか解説します。

dカード GOLDの海外旅行保険は、数あるゴールドカードに自動付帯される海外旅行保険の中でも充実しています。

dカード GOLDで補償される内容は、年会費が2〜3万円以上するような、ハイクラスのゴールドカードやプラチナカードレベルと言っても過言ではありません

海外旅行保険に個別で加入するより遥かにお得

例えば、69歳以下の人が下記補償内容の東京海上日動保険株式会社の海外旅行保険に加入するとします。

  • 障害死亡5,000万円
  • 障害後遺障害5,000万円
  • 疾病死亡1,000万円
  • 賠償責任1億円
  • 携行品損害30万円
  • 航空機寄託手荷物10万円
  • 航空機遅延2万円

上記補償内容で保険期間が3ヶ月(約90日)の海外旅行保険に加入すると、保険料はなんと56,000円ほどになります。

画像引用元:東京海上日動 保険料

補償の金額はdカード GOLDに自動付帯されているものと異なりますが、3ヶ月もの期間のリスクをカバーするなら数万円の保険料が必要となるのが一般的です。

海外に頻繁に行く人なら、旅行のたびに海外旅行保険に加入するよりも、年会費10,000円(税抜)を支払ってdカード GOLDを1枚持つほうが遥かにお得です。

家族会員も同様の条件の保険を受けられる

また、dカード GOLDの家族カードを持っている家族会員であれば、同様の条件で保険が適用されるというのも大きな利点です。

家族カードの年会費は1枚目が無料、2枚目以降が1,000円(税抜)と安く、それだけ安いのに同じ内容の保険が適用できるのはかなりお得です。

内縁の夫婦や同性のパートナーでも適用可能

補償金額は下がりますが、家族会員以外の家族もカバーできる点もお得です。

さらに、その家族の範囲が内縁の夫婦や同性のパートナーも含まれるのです。現代の多様な家族の形に対応しているのは特筆すべき点ですね。

出発してから最長90日間旅行中のトラブルによる損害を補償

dカード GOLDの海外旅行保険は、出発日から起算して自宅に帰るまで、最長90日間もの期間が補償の対象です。

前述したように、長期になるほど海外旅行保険の保険料は高くなります。それがカードを持つだけでカバーできるのはありがたいポイントです。

クルージングのように数ヶ月間世界を旅するツアーなど、長期の旅行も安心ですね。

dカード GOLDの海外旅行保険のここがすごい
  • 数万円の海外旅行保険に引けを取らない補償内容
  • 家族会員も同じ内容の補償を受けられる
  • 家族会員ではない内縁の夫婦・同性パートナーも対象
  • 最長90日間までの長期間補償

次はいよいよ、肝心のdカード GOLD付帯の海外旅行保険の補償内容を詳しく見ていきましょう。

dカード GOLD自動付帯の海外旅行保険の補償内容

楽しい旅行中に万一のことなど考えたくもないですが、危険やトラブルのリスクは常について回るもの。

ここからは具体的な補償内容に触れていきましょう。

傷害死亡の場合1億円が補償される

旅行先で万一死亡した場合、海外からの遺体輸送には非常に高い費用が必要となります。日本にいる家族が駆けつける事態になれば、その家族の渡航費用も必要となるでしょう。

dカード GOLDに契約していれば、現地で事故やトラブルに巻き込まれた日から180日以内に亡くなった場合、傷害死亡として1億円が補償されます。

1億円というのはハイクラスのゴールドカードやプラチナカードと同等の保険金額です。

なお、家族カードを持たない家族(以下家族)の保険金額は1,000万円となります。

傷害後遺障害は400万円~1億円補償

事故から180日以内に後遺障害が残ってしまった場合、障害の程度によって400万円〜1億円が補償されます。

医師が記入した「後遺障害診断書」を保険会社に提出し、支払われる保険金額が決定されます。

また、家族は程度により40万円~1,000万円の補償を受けられます。

dカード GOLDを利用しなかった場合の保険金額

上記の傷害死亡保険金・後遺障害保険金の金額は、海外旅行費用をdカード GOLDで決済した場合のものです。

条件を満たさない場合の保険金額は、傷害死亡時5,000万円、傷害後遺障害時200万円〜5,000万円となります。

傷害・疾病治療費用は最大300万円補償(一事故の限度額)

事故や病気で治療をした場合、かかった実費に応じて最大300万補償されます

これは現地で治療を受けた場合となります。治療を受けた現地の病院で、医師の診断書、治療費の明細書・領収書を必ず受け取り、大切に保管してください

言うまでもありませんが、外国では日本の健康保険制度が使えません。国にもよりますが、もしも治療を受けるとなると高額な治療費を請求されるケースもあります。

また、治療費だけでなく病院までの交通費や通訳の雇用費、入院により帰国を延期して発生した追加費用なども発生するおそれがありますが、それも保険でカバーできます。

ただし、妊娠・出産・早産・流産およびこれらに起因する病気と歯科での治療は対象外となるので気をつけてください。

家族の保険金額は50万円です。

賠償責任は5,000万円補償(一事故の限度額)

相手に危害を加えてしまった・物を壊してしまったなど、賠償責任が問われる事になった場合最大5,000万円補償されます。

故意ではないにせよ、自分が加害者側になってしまうことも想定されますが、補償があれば安心です。

必要な書類は、示談書、示談金領収書、損害額を立証する書類。そして相手方に治療が必要となった場合、医師の診断書と治療費の明細書・領収書、事故証明書も用意しなければいけません。

なお、家族の場合は最大1,000万円となります。

携帯品損害は最大50万円補償(年間限度額)

携帯品損害とは、旅行中に携行する私物が盗難に遭ったり事故により破損したりした場合の補償です。

年間で最大50万円まで補償されます。スリが多い地域もあるので、盗難に遭った私物が補償されるのはありがたいですね。

請求時には罹災証明や盗難届出証明書が必要です。現地の警察等に行き、取り寄せをしておきましょう。

なお置き忘れや紛失は対象外です。

家族の場合は15万円補償されます。

ちなみに免責があり、3,000円は自己負担となるので注意してください。

救援者費用は最大500万円(年間限度額)

救護者費用とは、カード会員が怪我や病気などで、家族が急遽現地に行く必要がある時に発生した費用のことです。

移動費などが該当するでしょう。この場合は、かかった費用に応じて年間最大500万円まで補償されます。

家族の場合の保険金額は50万円が限度です。

海外航空便遅延費用

次に、海外航空便遅延費用についてです。

これは、海外で航空機が欠航または遅延してしまった時に、空港に滞在せざるを得なくなり発生した食事代や宿泊代、その他身の回りの生活用品の購入額を補償するものです。

  • 乗継遅延による宿泊・食事費用:2万円
  • 手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用:1万円
  • 手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用:2万円
  • 出航遅延・欠航による食事費用:1万円

手荷物の遅延や天候や事故などで遅延したり欠航することはそう珍しくありませんから、この補償は使う機会が訪れるかもしれませんね。

遅延証明書や購入にかかった費用の領収書を必ず取っておきましょう。

dカード GOLDの海外旅行保険の補償内容ついて
  • 傷害死亡・後遺傷害による補償は最大1億円
  • 傷害・疾病治療費用は最大300万円補償
  • 賠償責任は5,000万円補償(一事故の限度額)
  • 携帯品損害は最大50万円補償(年間限度額)
  • 飛行機の遅延や欠航、手荷物のトラブルに対するあらゆる費用をカバー

次の章では、さらにdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説します。

dカードにないサービス・特典

dカード GOLD(ゴールド) ポインコ

次に、dカード GOLDにあってdカードにないサービスについて解説します。

dカードとは、年会費初年度無料(2年目以降もショッピングサービスの利用で無料)のシルバーのカードです。

dカード GOLDの海外旅行保険の魅力についてここまで述べてきましたが、それ以外にもdカード GOLDにはお得な要素がたくさんあります

dカードには旅行保険がついていない

dカードは、国内旅行保険・海外旅行保険ともに付帯はありません

一般グレードのクレジットカードには旅行保険が付帯されないのが一般的です。

また、海外でdカードを紛失・盗難された場合、暫定的なクレジットカードを発行してくれるサービスはdカード・dカード GOLDともについています。

しかし、そのサービスを利用するのにもdカードには10,000円(税抜)の費用がかかってしまうのに対し、dカード GOLDは費用がかかりません

3年間最大10万円までのケータイ補償

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDには、3年間最大10万円までスマホの機種代金を補償してくれるケータイ補償があります。

このケータイ補償は、全損で修理不可能なスマホや紛失してしまったスマホを、同一の新しいスマホに買い替えるための補償で、修理費は対象外です。

一方、dカードのケータイ補償は、補償期間1年・最大補償金額1万円。

1万円では新たな機種代金の足しになる程度ですが、10万円あれば高性能なスマホを持っている人にとって安心ですね。

ドコモ利用料金から10%ポイント還元

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDでは、ドコモの利用料金から10%ポイント還元してくれるサービスがあります。

つまり、毎月8,000円使っていたら800ポイント還元されるということです。年間で考えたらかなりのポイントになりますよね。

毎月まとまったポイントが手に入ることから、ドコモユーザーにdカード GOLDがおすすめされるのです。

一方、dカードには10%のポイント還元はありません。通常のショッピング同様還元されるのは1%のみ。10倍もの差があります。

国内の空港とハワイの空港ラウンジの無料利用

画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

dカード GOLDは、国内の主要な空港とハワイの空港にあるラウンジが無料で使えます。これはまさにゴールドカードならではの特典といえるでしょう。

dカードを持っているだけではラウンジの利用はできないため、頻繁に飛行機を利用するのであればdカード GOLDがおすすめです。

dカードにないサービスが盛りだくさん!dカード GOLDは年会費以上の価値アリ

最後に、dカード GOLDにあってdカードにないサービス・特典についてまとめます。

dカードにないサービス・特典
  • 手厚い補償の海外・国内旅行保険
  • ドコモ利用料金から10%還元
  • 3年間最大10万円のケータイ補償
  • 国内の主要な空港とハワイの空港のラウンジが使える

dカード GOLDは、海外旅行保険・国内旅行保険ともに補償内容が非常に充実しています。

海外旅行のたびに海外旅行保険に加入すると高額な保険料がかかることを踏まえれば、年会費1万円で手厚い補償が得られるdカード GOLDを持っていて損はないでしょう。

また、ドコモの料金から10%還元されたり、最大10万円のケータイ補償など、年会費10,000円も損ではないほどにお得なサービスがたくさんあります

空港ラウンジが利用できるのも、ゴールドカードであるdカード GOLDだからこそと言えます。

海外旅行によく行く人は、dカード GOLDの利用をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。