エクスプレス予約ができるクレジットカード比較|おすすめはどれ?

  • 2020年9月18日
  • 2021年1月8日
エクスプレス予約ができるクレジットカード比較

長距離移動に便利な新幹線ですが、運賃が高いのがやや難点ですよね。

少しでもお得に利用したいなら「エクスプレス予約 」を利用しましょう。

東海道新幹線・山陽新幹線を利用する機会の多い方にぜひ利用していただきたいサービスです。

この記事ではエクスプレス予約が利用できるおすすめのクレジットカードをご紹介するとともに、エクスプレス予約のメリットや決済カードを変更する方法についても紹介します。

新幹線乗車がお得になるエクスプレス予約
  • エクスプレス予約は新幹線の会員制ネット予約サービス
  • 年会費は1,100円、自動入会となるクレジットカードもある
  • 持っているカードにエクスプレス予約サービスをプラスすることも可
  • 決済カードの変更はできるが再登録が必要
クレジットカードおすすめ人気ランキング【2021年】

※本記事の価格は全て税込みです。

今なら入会特典で年会費相当のポイントプレゼント!実質初年度無料とお得なカードです。

エクスプレス予約とは

エクスプレス予約の入会方法

画像引用元:「エクスプレス予約」の入会方法|JR東海

「エクスプレス予約」とは、東海道・山陽新幹線を一年中お得な会員価格で利用できる、会員制ネット予約サービスのことをいいます。

エクスプレス予約の入会方法には次の3つがあります。

  • 「JR東海エクスプレス・カード」またはJ-WESTカード「エクスプレス」に入会する
  • プラスEX会員になる:手持ちのクレジットカードにサービスを「プラス」する
  • モバイルSuicaとビューカードへ入会

JR東海エクスプレス・カードは、SMBCファイナンスサービス株式会社とJR東海が提携、J-WESTカード「エクスプレス」は、三菱UFJニコス株式会社または株式会社ジェーシービーとJR西日本が提携して発行するクレジットカードです。

いずれも年会費として初年度から1,100円の年会費がかかりますが、追加費用不要でエクスプレス予約を利用できます。

この2枚のカードについては、後ほど詳しく解説しますね。

一方、お手持ちのクレジットカードにサービスをプラスして利用することも可能です。

また、ビューカードをお持ちの方なら、モバイルSuicaを通じてエクスプレス予約を特約として利用することができます。

エクスプレス予約に対応しているクレジットカード

すでに持っているカードにエクスプレス予約サービスをプラスすれば、クレジットカードの枚数を増やさずに済みます。

しかし、どのクレジットカードにもプラスできるというわけではなく、対応しているものは限られています。

以下クレジットカード会社が発行するクレジットカードは、エクスプレス予約に対応しています。

  • 株式会社ジェーシービー
  • 三井住友VISAカード
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
  • イオンフィナンシャルサービス
  • SMBCファイナンスサービス
  • 三井住友トラストクラブ

株式会社ジェーシービー、三菱UFJニコス株式会社については、提携して発行するカードも対象に含まれます。

なお、上記発行元のクレジットカードでも一部対象外となるものがあります。利用したいものが対応しているかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

モバイルSuica会員もエクスプレス予約が使える

モバイルSuicaを利用している人は、ビュー・エクスプレス特約に加入することでエクスプレス予約サービスが利用できます。

ただし、ビューカードをモバイルSuicaの決済先として登録している場合に限ります

登録手順は以下のとおりです。

  1. 「モバイルSuica」のメニューまたは「Suicaアプリケーション」のチケット購入Suica管理画面から「ビュー・エクスプレス特約」を選択する
  2. 画面の案内に従い、申込み手続きをする
  3. 申込みから2~3週間後、「エクスプレス予約会員証」が発送される
  4. 会員証の到着後、会員登録をする
  5. 利用開始

なお、改札を通過するときは会員証ではなくモバイルSuicaを利用します。

また、入会を行うとエクスプレス予約の年会費1,100円がビューカードより決済されます。

エクスプレス予約ができるおすすめのクレジットカード4選

ここからは、エクスプレス予約ができるおすすめのクレジットカードを4枚ご紹介します。

エクスプレス予約へ自動入会となるJR東海エクスプレス・カード、J-WESTカード「エクスプレス」のほか、ビューカードが発行するカードピックアップしました。

エクスプレス予約ができるおすすめのクレジットカード
  • JR東海エクスプレス・カード
  • J-WESTカード「エクスプレス」
  • ビックカメラSuicaカード
  • JALカードSuica

JR東海エクスプレス・カード

JR東海エクスプレス・カード

JR東海エクスプレス・カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度1,100円
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社VISA、MastercardSMBCファイナンスサービス株式会社
JCB株式会社ジェーシービー
発行期間最短5営業日

エクスプレス予約ができるおすすめのクレジットカードとして真っ先に挙げるのは、JR東海エクスプレス・カードです。

カード入会と同時にエクスプレス予約会員になることができ、別途年会費1,100円を支払う必要はありません。

JR東海エクスプレス・カードでは、2種類のポイントが貯まります。

1つは、新幹線の乗車ポイントです。1乗車あたり10〜150ポイントが貯まり、ポイントが貯まると普通車の値段のままグリーン車を利用できます。

  • のぞみ:1,000ポイント
  • ひかり:800ポイント
  • こだま:600ポイント

例えば東京・品川⇄新大阪の片道移動で90ポイントが貯まります。6往復するとのぞみのグリーン車に1回乗れる計算です。

貯まるポイントもう1種類は、セディナのワンダフルプレゼント21です。ショッピング1,000円につき1ポイント貯まり、1ポイント=5円相当で楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイントなどに交換できます。

他にも、以下の特典が利用できます。

  • JR東海ツアーズの国内旅行商品「ぷらっとフリープラン」3%オフ
  • 全国のJRグループホテルが10%割引
  • JR東海・西日本・四国エリア・小倉・博多各駅の「駅レンタカー」10%割引
  • 駅直結の店舗などでの割引サービス・優待特典

さらに、海外旅行傷害保険が自動付帯で最大2,000万円、国内旅行傷害保険が利用付帯で最大1,000万円補償されるという充実ぶり。

新幹線を利用して国内旅行を楽しみたい方におすすめしたい1枚と言えます。

J-WESTカード「エクスプレス」

J-WESTカード エクスプレス

J-WESTカード「エクスプレス」
還元率ポイント0.5%
マイル-
年会費初年度1,100円
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社VISA、Mastercard三菱UFJニコス株式会社
JCB株式会社ジェーシービー
発行期間3〜4週間

J-WESTカード「エクスプレス」も、入会するとエクスプレス予約が利用できるクレジットカードです。

加えて、JR西日本が運営する「e5489」のサービスにも対応しています。e5489では、山陽・九州新幹線、JR西日本・四国・九州エリアの特急電車の予約ができます。

そのため、新大阪より東を利用することが多いならJR東海エクスプレス・カード、西を利用することが多いならJ-WESTカード「エクスプレス」がおすすめです。

乗れば乗るほどJ-WESTポイントが貯まる

J-WESTカード「エクスプレス」では、エクスプレス予約やe5489を利用して乗車するたびに、区間・設備・券種に応じたスコアが貯まります。

貯まったスコアに応じて3つのクラスに分類され、J-WESTポイントのボーナス倍率などが変動する仕組みです。乗れば乗るほどJ-WESTポイントが貯まりお得です。

また、J-WESTポイントはSMART ICOCAのチャージやショッピングでも貯まります。さらに、J-WESTポイント優待加盟店では獲得ポイントがアップします。

貯まったポイントはSMART ICOCAのチャージや様々な商品・サービスと交換することができ、JR西日本エリアユーザーにお得度の高い1枚です。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
還元率ポイント1.0%~11.5%
マイル0.125%(ビックポイントのみ交換可能)
年会費初年度無料
2年目以降524円
※年1回の利用で2年目以降無料
家族カードなし
旅行保険海外500万円(自動付帯)
国内1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費524円
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドVISA、JCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間仮カード即日発行可能

ビックカメラSuicaカードは、JR東日本グループビューカードが発行するクレジットカードです。Suicaオートチャージに対応しています。

クレジットカードを持っているだけではエクスプレス予約は利用できませんが、モバイルSuicaの会員になることで利用が可能となります。

利用したい場合は、前述のビュー・エクスプレス特約への加入手続きを行ってください。

ビューカードには何種類かの商品がありますが、その中でもビックカメラSuicaカードがおすすめな理由は「ポイント還元率が高いこと」「年会費が実質無料であること」にあります。

ビューカードの多くは、還元率0.5%。しかし、ビックカメラSuicaカードは通常還元率1.0%、さらにSuicaチャージでは1.5%、ビックカメラではなんと最大11.5%もの還元が受けられます。

それでいて年に1度でも利用すれば年会費は無料となります。エクスプレス予約に加入しても維持費は1,100円ですから、Suicaユーザーにはメリットの大きい1枚ですね。

ビックカメラSuicaカードの詳細を見る

JALカードSuica

JALカードSuica

JALカードSuica
還元率ポイント0.5%(JREポイント)
マイル0.5~2.0%
年会費初年度無料
2年目以降2,200円
家族カード1,100円
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間約3週間

JALカードSuicaもビューカードが発行しており、モバイルSuicaを介してエクスプレス予約利用が可能となります。

JALカードSuicaには、Suica機能に加え、JALマイレージバンク(JMB)カード、JREポイントカードが搭載されています。

JALタッチ&ゴーサービスにも対応しているため、持っていれば飛行機搭乗がスムーズになります。

年会費は初年度は無料ですが、次年度以降は2,200円。エクスプレス予約の年会費と合わせると3,300円となり、上記3枚よりも維持費がかかります。

しかし、このカード一枚でJALマイルとJRE POINTを貯めることができるため、新幹線と飛行機どちらも移動に利用する方にはおすすめです。

貯めたJREポイントは、Suicaにチャージしたりマイルに交換したりできます。

なお、マイルに交換するなら、「ショッピング・マイル・プレミアム(年会費3,300円)」への加入がおすすめです。ポイントの価値が2倍にアップするためです。

JALカードSuicaの詳細を見る

エクスプレス予約の5つのメリット

エクスプレス予約には、大きな5つのメリットがあります。

サービスを最大限お得に利用するために、もれなく押さえておきましょう。

エクスプレス予約のメリット
  • ネットで簡単に予約ができる
  • 予約変更は何度でも無料でできる
  • チケットレスで乗車がスムーズに
  • 365日いつでもお得価格
  • 「早特商品」でさらにお得に

ネットで簡単に予約ができる

エクスプレス予約は、スマホやPCなどからネットで簡単に予約ができるので便利です。

切符を買うのに券売機や窓口に並ばずに済みます。

予約受付時間は5時30分から23時30分まで、列車発車時刻の4分前まで予約できるので、急に乗車することになった場合にも便利です。

予約変更は何度でも無料

通常、購入済みの新幹線チケットを変更する場合2度目から手数料がかかりますが、エクスプレス予約なら予約変更が何度でも無料でできます。

仕事の都合や予定の変更などで乗車する時間を変えたくなるケースはよくありますよね。

エクスプレス予約なら、何度でも無料で変更できるのでムダな費用がかかりません。

チケットレスで乗車がスムーズに

会員本人1名で予約した場合、EX予約専用ICカードを改札機にタッチするだけで、新幹線にスムーズに乗車することができます。

また、Suica、TOICA、ICOCAといった交通系ICカードと重ねてタッチすれば乗り換えもスムーズです。

365日いつでもお得価格

エクスプレス予約なら1,100円お得

画像引用元:新幹線に乗るならやっぱりJ-WESTカード 旅行・行楽が断然おトク!|J-WESTカード

エクスプレス予約を利用すれば、お盆や年末年始といった混雑する時期を含め、365日いつでもお得な価格で利用できます。

  • 東京・品川⇄名古屋:11,300円→10,310円
  • 東京・品川⇄新大阪:14,720円→13,620円
  • 東京・品川⇄広島:19,440円→17,990円
  • 東京・品川⇄博多:23,390円→21,720円

年会費は1,100円ですが、東京・品川⇔新大阪を片道利用するだけで1,100円の割引を受けられます。十分元が取れますね。

「早特商品」でさらにお得に

早めに予約をすることでさらにお得に利用できる「早特商品」があります。

ただし、座席や区間が限定されていたり、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの設定除外日があったりします。

ビジネスで利用するとき、家族や友達と旅行に行くときなど、シーンに合わせてお得に利用できます。

エクスプレス予約の決済カードを変更する方法

注意勧告のサイン

エクスプレス予約では、決済カードを変更することもできます。

ただし、会員IDの移行やポイントなどにおいて注意すべき点がありますので、変更する前にご確認ください。

決済カードを変更する際の注意点
  • プラスEX会員がクレジットカードを変更するときは再登録が必要
  • JR東海エクスプレス・カード・J-WESTカードを解約するとプラスEX会員として要再登録

クレジットカードの変更は改めて登録が必要

プラスEX会員が決済カードを紛失して再発行する場合や、決済カードを変更する場合、改めて新たなカード番号で会員登録をする必要があります。

会員登録が済むまではエクスプレス予約が利用できなくなるためご注意ください。

なお、有効期限切れによるカード切替の場合はそのまま継続して利用できます。特に登録をし直す必要はありません。

JR東海エクスプレス・カード・J-WESTカードの解約

JR東海エクスプレス・カードとJ-WESTカードを解約すると、ただちにエクスプレス予約も使えなくなります。

エクスプレス予約のみ引き続き利用したいなら、他のクレジットカードを用意した上でプラスEX会員として再入会が必要です。その際、会員IDなどの情報を移行することはできません

また、JR東海エクスプレス・カード特有のグリーンプログラムのポイント、J-WESTカードのスコアは、退会した時点で失効してしまいます。

エクスプレス予約でお得に新幹線に乗ろう

エクスプレス予約 キャンペーン

画像引用元:観光・おでかけ、イベント、キャンペーン|JR東海

エクスプレス予約を利用するならこのカード!
  • JR東海エクスプレス・カード
    新幹線乗車ポイントでグリーン車へ無料グレードアップ可能!
  • J-WESTカード「エクスプレス」
    e5489サービスも使えてJR西日本エリアの移動がお得に
  • ビックカメラSuicaカード
    エクスプレス予約+Suica利用で日常の移動が便利に
  • JALカードSuica
    JALマイルが貯まり空・陸の移動がお得

東海道新幹線・山陽新幹線に乗る機会の多い方は、エクスプレス予約の利用がおすすめです。

JR東海エクスプレス・カード、J-WESTカードに入会するとよりお得にエクスプレス予約が利用できますが、お持ちのクレジットカードにエクスプレス予約のサービスをプラスすることもできます。

いずれの場合も1,100円の年会費がかかりますが、元を取るのは容易です!

今回紹介した4枚のカードで、お得な新幹線の旅を楽しんでくださいね。

新幹線のチケットをクレジットカードで支払う方法とメリット