年会費無料のクレジットカードおすすめランキング【2021年】

年会費無料のおすすめのクレジットカードを紹介します。クレジットカードに年会費を支払うのはもったいないと感じる方におすすめです。なぜ年会費が無料のカードと有料のカードがあるかについても解説します。年会費無料のゴールドカードもあります。
  • 2021年4月6日
  • 2021年4月20日
年会費無料のクレジットカードおすすめランキング

年会費無料でありながらポイントが貯まりやすかったり、特典が充実していたりと、コスパの高いクレジットカードが増えています。

そこで、年会費無料のクレジットカードおすすめランキングをまとめました。

年会費が永年無料なのかはもちろん、還元率やポイントの使いやすさ、特典などにも着目して自分に合ったカードを見つけましょう。

年会費無料のクレジットカードおすすめランキング
  • 第1位:JCB CARD W /plus L
  • 第2位:楽天カード
  • 第3位:dカード
  • 第4位:イオンカードセレクト
  • 第5位:エポスカード
  • 第6位:Orico Card THE POINT
クレジットカードで人気のおすすめ10枚を比較|最強はコレ!

※本記事の価格は全て税込みです。

年会費無料のクレジットカードの選び方

年会費無料のクレジットカードは、年会費に加えて下記の要素で選ぶのがおすすめです。

年会費無料のクレジットカードの選び方
  • 年会費が永年無料かどうか
  • ポイント還元率
  • ポイントの使いやすさ
  • 特典・付帯サービス

年会費が永年無料かどうか

年会費が永年無料かどうかは必ずチェックしましょう。

初年度のみ無料で次年度からは年会費がかかるものや、条件を満たすことで年会費が無料になるクレジットカードもあるので注意が必要です。

年会費免除の条件には、以下のようなものがあります。

  • カードを年に1回以上利用
  • 利用明細をWebに切り替え
  • リボ払いを設定
  • リボ払い手数料を支払っていること

カード1回以上利用やWeb明細などの条件であれば簡単にクリアできるので、年会費を払わず保有し続けられるでしょう。

一方で、「リボ払い手数料を支払っていること」といった条件の場合、リボ払いサービスを利用した上で手数料を支払っていなければ、年会費が無料になりません。

一切コストをかけたくないなら、年会費無料の条件が易しいもの、または全くないものを選びましょう。

本記事で紹介する6枚は、いずれも年会費が無条件で永年無料です。

ポイント還元率

年会費無料のクレジットカードをお得に利用するなら、ポイント還元率が高いものを選びましょう。

基本のポイント還元率が1.0%程度であれば、還元率としては十分です。

また、基本のポイント還元率が0.5%程度でも、入会後の一定期間や、特定のお店で還元率がアップするクレジットカードも多いです。

いくつか例をみてみましょう。

  • イオンカードセレクト
    イオングループの対象店舗で1.0%(基本還元率0.5%)
  • Orico Card THE POINT
    入会後6ヶ月間の還元率2.0%(基本還元率1.0%)
  • 三井住友カード(NL)
    コンビニ3社とマクドナルドで還元率最大5.0%(基本還元率0.5%)

よく利用するお店が決まっているなら、うまくカードを選ぶことでポイントが効率よく貯められます。

ポイントの使いやすさ

いくらポイントが貯まりやすくても、使い道がなければムダになってしまいます。ポイントの使いやすさにも着目しましょう。

ポイントが使いやすいカードとは、以下のようなものを指します。

  • ドラッグストアやコンビニなど日頃よく利用するお店で使える
  • カードの利用代金に充当できる
  • キャッシュバックが受けられる
  • ポイントの交換先が幅広い
  • ポイントの有効期限が長い

ドラッグストアやコンビニ、スーパーなど、生活に欠かせない買い物でポイントが使えるのは便利です。

また、カードの利用代金に充てられれば使い道に困ることはありません

ポイントの交換先や有効期限は、あらかじめ確認しておきましょう。

ポイントをあまり使わずムダにしてしまうという方は、貯まったポイントがキャッシュバックされるタイプのカードがおすすめです。

最近は貯まったポイントを運用に回せるなど、使い道の幅も広がっています。

特典・付帯サービス

エポスゴールドカードへの招待

年会費無料のクレジットカードにもさまざまな特典が付帯しています。

自分のよく利用するお店や自宅から近くにあるお店で特典を受けられるものがおすすめです。

いくつか例をみてみましょう。

  • エポスカード
    マルイの年4回の会員限定セールで10%オフ、海外旅行保険付帯
  • dカード
    購入後1年間最大1万円の「dカードケータイ補償」が付帯
  • イオンカードセレクト
    年会費無料のゴールドカードを手にするチャンスがある

ほかにも、ショッピング保険が手厚いものやETCカードを無料で発行できるものなど、それぞれ独自の特典が付帯しています。

自分のライフスタイルに合った特典が付帯しているかどうかよく比較して選んでくださいね。

それでは、次の章から年会費無料のおすすめクレジットカードランキングを紹介します!

年会費無料のクレジットカードおすすめランキング
  • 第1位:JCB CARD W /plus L
  • 第2位:楽天カード
  • 第3位:dカード
  • 第4位:イオンカードセレクト
  • 第5位:エポスカード
  • 第6位:Orico Card THE POINT

第1位:JCB CARD W /plus L

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)

第1位はJCBが発行するプロパーカード「JCB CARD W /plus L」です。

インターネット入会・39歳以下の方のみが申し込めます。

本カードはもちろん、ETCカードや家族カードも年会費無料。

ハワイのワイキキトロリーに無料で乗車できたり、東京ディズニーリゾートのキャンペーンに参加できるなど、JCBならではの特典が受けられます。

また、女性ならJCB CARD Wの機能はそのままに女性向け特典が充実したJCB CARD W plus Lも選べます。

  • JCBプロパーカードのなかでもポイント還元率が高い
  • セブンイレブンやAmazonなどでポイントアップ
  • Oki Dokiポイントは使い道も幅広い

JCBプロパーカードのなかでもポイント還元率が高い

JCBが発行するプロパーカードの基本ポイント還元率は0.5%ですが、JCB CARD W /plus Lなら常に2倍、つまり1.0%です。

JCBプロパーカードは年会費がかかるものが多いなか、年会費もかかりません。

39歳以下の方でJCBプロパーカードを年会費無料で保有するなら、JCB CARD W /plus Lで決まりでしょう。

申し込み年齢に上限があるおすすめクレジットカード|年齢制限がある理由

セブンイレブンやAmazonなどでポイントアップ

優待店「JCBオリジナルシリーズパートナー」での利用なら、さらに還元率がアップします。

還元率は優待店ごとに設定されており様々です。以下は優待店の例です。

  • スターバックスカードへのオンライン入金:5.5%
  • セブンイレブン:2.0%
  • Amazon:2.0%
  • 高島屋:2.0%

コンビニやAmazonなど普段の買い物で還元率が高いのはうれしいですね。食品や日用品など生活に欠かせない買い物がお得に利用できます。

また、スターバックスカードへのオンライン入金は5.5%もの驚異の還元率に。一度に大量のポイントが貯められます。

Oki Dokiポイントは使い道も幅広い

JCB CARD W /plus Lの利用で付与されるOki Dokiポイントは、貯まりやすいだけでなく使い道も豊富です。

マイル移行・他社ポイントへの交換・JCBプレモカードへのチャージ・カード代金への充当などさまざまな使い方ができます。

交換レートは交換先によって異なるので、よりお得に交換できるものを選んでくださいね。

例えば、キャッシュバックしてカード代金に充てる場合は1ポイント=3円のレートです。

中には1ポイント=5円相当で交換できる使い道もあるので、よく比較しましょう。

第2位:楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

第2位は「楽天カード」です。年会費無料ながらポイントがざくざく貯まることで有名です。

楽天のサービスを利用すればさらにポイントが貯まりやすくなるので、普段から楽天サービスを利用しているなら持たない理由はありません

VISA、JCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレスと選べる国際ブランドも豊富。

楽天ポイントカードとしても使えるので、楽天ポイントカード加盟店ならポイントの2重取りも可能です。

  • 基本ポイント還元率が1.0%と高い
  • 楽天市場での利用なら還元率最大3.0%
  • 海外旅行傷害保険付帯

基本ポイント還元率が1.0%と高い

楽天カードは基本のポイント還元率が1.0%と高く、食品や日用品といった普段の支払いでも効率よくポイントを貯められます

よく利用するお店が決まっていない、という方でもポイントが貯まりやすくおすすめです。

楽天市場での利用なら還元率最大3.0%

さらに、楽天市場で楽天カードを利用すると、ポイント還元率が3.0%もの高さにアップします。

これは「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」という仕掛けのおかげです。

対象サービスを利用することで楽天市場での還元率がアップする仕組みなのですが、この還元率のアップには楽天カードが必須です。

SPUで還元率をアップさせ、買い回りなどのキャンペーン時に楽天市場にて楽天カードを利用すれば、ポイントは最大44倍にもできます。

楽天サービスを普段利用しているなら、楽天カードは持っていない方が損だと言えますね。

海外旅行傷害保険付帯

楽天カードは、年会費無料にもかかわらず海外旅行傷害保険が付帯します。

補償額は最大2,000万円、傷害・疾病治療費用は200万円と無料とは思えない手厚さです。

ただし、募集型企画旅行の旅費を楽天カードで決済することが適用条件(利用付帯)なので注意しましょう。

第3位:dカード

dカード VISA ポインコ

dカード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円 ※前年度1度でも利用すれば無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社株式会社NTTドコモ
発行期間最短5日

第3位はNTTドコモが発行する「dカード」です。

年会費無料・還元率1.0%という優秀カードで、ドコモユーザーはもちろん、ドコモユーザー以外も十分お得に利用できます。

dカードの利用で貯まったポイントは、街のdポイント加盟店で使えるのはもちろん、ネットショッピング・商品・他社ポイントへの交換・ドコモ料金の支払いなど幅広く利用できます。

  • 基本ポイント還元率1.0%
  • dカード特約店ならポイントアップや割引あり
  • ドコモのケータイ利用料金でもポイントが貯まる

基本ポイント還元率1.0%

普段の買い物100円ごとに1ポイント、つまり還元率1.0%で貯められます。

dポイントカード加盟店での利用なら、dポイントカード提示としてのポイントも付与されるため、ポイントの2重取りも可能

NTTドコモが発行するクレジットカードですが、ドコモユーザーでなくてもポイントが貯まりやすくおすすめです。

dカード特約店ならポイントアップや割引あり

dカード特約店では、店ごとのポイントアップや割引も受けられます。

還元率は特約店によりさまざまです。

  • JAL:100円ごとに2%
  • メルカリ:200円ごとに2.5%
  • マツモトキヨシ:100円ごとに3%
  • スターバックスカード:100円ごとに4%

トラベル・ドラッグストア・書店など普段利用するお店でポイントがアップするのはうれしいですよね。

うまく活用すれば、ポイントがざくざく貯まります。

ドコモのケータイ利用料金でもポイントが貯まる

ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用1,000円ごとに10ポイントが貯まります。

上位カード「dカード GOLD」ならこの10倍、つまり10%還元が受けられますが、年会費が11,000円もかかるのがデメリットです。

dカードなら保有コストがかからないので、ドコモの利用料金が少額の方でも損をすることはありません。

また、dカードは、年会費無料ながら購入後1年間最大1万円のケータイ補償も付帯しています。

第4位:イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率ポイント0.5~1.0%
マイル0.25%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社株式会社イオン銀行
発行期間約2~3週間

第4位は「イオンカードセレクト」です。クレジットカード・WAON・キャッシュカードの機能が一体になっています。

イオングループの特典が充実しており、イオングループやWAONを普段から利用している方におすすめです。

保有コストが一切かからないため、月に1度しか利用しない、といった方でも持つ価値は十分にあります。

イオン銀行のキャッシュカードとしても利用できるのは、カードの枚数を増やしたくない方にとっても嬉しいですね。

  • イオングループ対象店舗でポイントが常に2倍
  • WAONへのチャージでもポイントが貯まる
  • 無料でゴールドカードを発行できる

イオングループ対象店舗でポイントが常に2倍

イオンカードセレクトの基本の還元率は0.5%と高くはありませんが、イオングループの対象店舗なら常に2倍、つまり1.0%の還元率になります。

イオングループの対象店舗で毎月20・30日の「お客さま感謝デー」に代金が5%オフになるのも魅力の1つです。

保有コストがかからないので、イオングループを利用するなら、基本のポイント還元率が低くても保有する価値は大いにあるでしょう。

メインカードではなくても、1枚持っておくと便利です。

WAONへのチャージでもポイントが貯まる

WAONへのオートチャージでもポイントが貯まるのがメリットです。

事前にオートチャージの設定をしておけば、月間オートチャージ利用合計金額に対して、200円ごとに1ポイントゲットできます。

チャージしたWAONで買い物すればWAON利用によるポイントも付与されるので、ダブルで貯まりお得です。

無料でゴールドカードを発行できる

直近の年間利用額が100万円以上の方など、一定の条件を満たせば年会費無料でゴールドカードを発行できるのもイオンカードセレクトの大きな特長です。

ゴールドカードには手厚い旅行保険や空港ラウンジサービスといったゴールド特典が付帯しており、その多くは年会費がかかります。

それが無料で保有できるのはかなりお得ですよね。イオンカードセレクトは、年会費をかけずゴールドカードを保有したい方にもおすすめです。

第5位:エポスカード

エポスカード

エポスカード
還元率ポイント0.5%~
マイル0.25%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カードなし
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA
発行会社株式会社エポスカード
発行期間即日交付可能(郵送は1週間)

第5位は「エポスカード」です。マルイやモディの店舗・通販がお得に利用できるのが特徴です。

マルイ以外にも、レストラン・カフェ・アミューズメント・スパなど全国10,000ものお店で優待が受けられます。

インターネットからの申し込み後、最短当日にマルイ店頭にてカードを受け取ることが可能なので、急にクレジットカードが必要になった場合などにも便利です。

ETCカードの発行・利用も無料です。

  • 優待期間中ならマルイで10%オフ
  • ゴールドカードが無料で発行できる
  • 海外旅行保険が手厚い

優待期間中ならマルイで10%オフ

エポスカード会員限定の優待キャンペーン「マルコとマルオの7日間」の期間中なら、マルイやモディでの買い物が何度でも10%オフになります。

年会費が永年無料なので、この期間中しかマルイを利用する予定がない方でも、持っておいて損はありません。

基本のポイント還元率は0.5%と高くはないので、メインカードは別のカードを保有しておき、サブカードとしてマルイでのショッピングに使うと効率よくポイントが貯まります。

ゴールドカードが無料で発行できる

エポスカードを一定期間保有して利用実績を積み、エポスカードからの招待でゴールドカードを発行すれば、年会費無料で保有できます。

通常なら5,000円かかる年会費が無料になり、国内外の空港ラウンジや海外サポートデスクなど、ワンランク上のサービスが受けられるのでかなりお得です。

ゴールドカードにランクアップできれば、さらにポイントも貯まりやすくなります。

海外旅行保険が手厚い

エポスカードは、年会費無料ながら海外旅行傷害保険が付帯します。

死亡・後遺障害時の補償は最大500万円と物足りないですが、利用する頻度が比較的高い疾病治療費用が270万円も付帯しているのはかなり優秀です。

賠償責任や携行品損害に対する補償も付く年会費無料カードは数少ないです。

エポスカードがあれば海外旅行に大きな安心をプラスできます。

第6位:Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)

第6位は「Orico Card THE POINT」です。年会費永年無料でポイントが貯まりやすいカードとして知られています。

iDとQUICPayをダブル搭載しており、電子マネーとの相性も良好です。

カードの利用で貯まったポイントは、ギフト券や他社ポイント、商品などに交換できます。

  • 基本の還元率1.0%、入会後6ヶ月間は2.0%
  • オリコモールの利用でさらに0.5%アップ
  • ETCカードや家族カードも無料

基本の還元率1.0%、入会後6ヶ月間は2.0%

基本のポイント還元率が1.0%なので、いつでも効率よくポイントが貯められます。

さらに、入会後6ヶ月間は2倍、つまり2.0%の還元率に。

日用品や食品などの日々の支払いをOrico Card THE POINTにまとめるだけでかなりお得にポイントが貯まるでしょう。

ETCカードや家族カードも無料

ETCカードや家族カードも年会費無料で発行できます。

iDとQUICPayをダブル搭載しておりあらゆる店舗でスムーズに決済でき、Apple Payに登録すればスマホでの決済も可能です。

ポイントの交換先も豊富で全体を通して使い勝手がよいので、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめできます。

オリコモールの利用でさらに0.5%アップ

ネットショッピングの際に会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由するだけで、還元率が0.5%アップします。

それに加えて、ショップごとのポイントももらえるので、ネットショッピングをよく利用する方ならポイントが貯まりやすいです。

ショップには、利用者の多いAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなども含まれています。

年会費無料の高コスパクレジットカードを見つけよう

この記事で紹介した年会費無料のクレジットカードおすすめランキングは以下のとおりです。

年会費無料のクレジットカードおすすめランキング
  • 第1位:JCB CARD W /plus L
  • 第2位:楽天カード
  • 第3位:dカード
  • 第4位:イオンカードセレクト
  • 第5位:エポスカード
  • 第6位:Orico Card THE POINT

年会費無料と一口に言ってもさまざまなクレジットカードがあり、それぞれに違ったメリットがあります。

人それぞれライフスタイルは違うため、どのクレジットカードが自分に合っているか、という視点で選ぶことが大切です。

年会費が永年無料かどうかはもちろん、還元率・ポイントの使いやすさ・特典などを総合的に比較したうえで自分に合った1枚を見つけてくださいね。