ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点|補償を手厚くする方法

ダイナースクラブカードの海外旅行保険は充実しています。ハイステータスカードだけあり、補償額もさることながら自動付帯というのも嬉しいポイントです。弱点としては家族特約がつかない点です。家族で旅行をする場合の弱点を補う方法も解説します。
  • 2021年5月17日
  • 2021年5月17日
ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点

ダイナースクラブカードといえば、高いステータス性と豪華な優待が付帯しているカードです。

海外旅行保険が充実していることから、海外旅行好きな方にも支持されています。

本記事ではダイナースクラブカード付帯の保険について補償内容や、補償内容を手厚くするためのポイント、有料の「海外旅行保険 プラス」などについて紹介していきます。

さらには、ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点や他社よりも優れている点についても解説しています。

ダイナースクラブカードを検討中の方はぜひチェックしてみてください。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の長所
  • 利用付帯では傷害死亡・後遺障害が最大1億円の補償
  • 自動付帯でも傷害死亡・後遺障害が最大5,000万円の補償
  • 傷害治療費用は最大300万円
ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点
  • 家族特約の補償がない

※本記事の価格は全て税込みです。

ダイナースクラブカードの海外旅行時の補償内容

旅を楽しむ女性

ダイナースクラブカード海外旅行保険の補償について
  • 旅行代金をカードで支払う利用付帯では傷害死亡・後遺障害が最大1億円
  • カードで支払っていない自動付帯でも充実の補償

それではさっそくダイナースクラブカードの海外旅行時の補償内容について見ていきましょう。

ダイナースクラブカードで旅行代金を支払った場合と、ダイナースクラブカード以外で支払った場合とで条件が異なります。

それぞれについてチェックしていきましょう。

旅行代金をカードで決済

まずは旅行代金をカードで決済したケース(利用付帯)です。

補償の種類と金額を下表にまとめています。

補償の種類補償額
傷害死亡・後遺障害最高1億円
自動付帯分:最高5,000万円
利用条件分:最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用最高300万円
賠償責任最高1億円
携行品損害最高50万円
救援者費用300万円

ダイナースクラブカードの傷害死亡・後遺障害は最大1億円となっています。

これはかなり多めの補償額といえます。

例えばアメリカン・エキスプレスを見てみると傷害死亡・後遺障害は最大5,000万円です。

ダイナースクラブカードではその倍の1億円となっているので、もしもの時にも安心の補償内容となっています。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の使い方について解説します。

また、傷害死亡・後遺障害と共に、海外旅行保険でチェックしておきたい項目の1つが傷害治療費用です。

日本国内であれば健康保険が適用されますが、それが無い海外ですと緊急の入院・手術といった際に莫大な金額を請求されることもあり得ます。

どれだけの金額が保証されれば安心ということは無いのですが、障害治療費用の1つの目安は300万円と言われています。

ダイナースクラブカードの傷害治療費用は最大300万円ですから、目安をクリアしています。

上記のことからも、ダイナースクラブカードで旅行代金を決済した場合の海外旅行保険は充実の内容と言えそうです。

旅行代金をカード以外で決済

続いては、ダイナースクラブカード以外で旅行代金を決済した場合の補償内容についてチェックしていきましょう。

まずは下表をご覧ください。

補償の種類補償額
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用最高300万円
賠償責任最高1億円
携行品損害最高50万円
救援者費用300万円

ダイナースクラブカードは、持っているだけで自動的に海外旅行保険が適用(自動付帯)されます。

しかも、傷害死亡・後遺障害をのぞいて旅行代金をカードで決済した場合と同様の内容です。

傷害死亡・後遺障害に関しても最大5,000万円と充実の補償内容となっています。

カードを持っているだけで保険適用対象となるのは、かなりの安心感です。

また、補償を手厚くしたいという方にとって、自動付帯はかなり使えるシステムです。

例えばアメックスのゴールドとダイナースクラブカードを持っているという方を考えてみます。

アメックスのゴールドで旅行代金を支払った場合、アメックスゴールドの海外旅行保険(傷害死亡・後遺障害は最大1億円)が適用されます。

上記に加え、ダイナースクラブカードの自動付帯(最大5,000万円)も適用されるので、傷害死亡・後遺障害は最大で1億5,000万円です。

安心感がグッと高まりますね。

国内旅行保険との違い

ダイナースクラブカードでは国内旅行に関しても保険が適用されます。

ただし、国内旅行ではダイナースクラブカードで代金を支払った場合が対象です。

補償内容については下表をご覧ください。

補償の種類補償額
傷害死亡・後遺障害最高1億円
入院日額5,000円
手術入院中50,000円
入院中以外25,000円
通院日額3,000円

死亡・後遺障害に関しては海外旅行と同様に、最高1億円という手厚い補償内容です。

入院・手術・通院にも補償がつくというのもうれしいポイントといえます。

レンタカーの代金やホテルの料金などをダイナースクラブカードで支払えば保険適用の範囲です。

ポイントも貯まりつつ、安心感も増すという一石二鳥な状態です。

特別な理由がない限り、ダイナースクラブカードで支払うことをおすすめします。

期間限定!
初年度年会費無料

海外旅行保険 プラス(有料)がふさわしいケース

お金の計算をする女性

海外旅行保険プラスのポイント
  • 契約内容によって補償内容が異なる
  • 海外留学や長期出張におすすめ
  • 同行家族用の保険としてもおすすめ

付帯の海外保険だけでは心配という方に向けて、ダイナースクラブカードでは有料の「海外旅行保険 プラス」というサービスを実施しています。

まずはその補償内容をチェックしてみましょう。

海外旅行保険 プラス(有料)の補償内容

海外旅行保険 プラス」ではさまざまなプランが用意されています。

それぞれのプランで補償内容は異なるのですが、例えばA4プランに加入した場合、障害治療費用や救援者費用は無制限となります。

海外旅行時の手術で莫大な額が請求されたというケースもありますが、無制限であれば安心です。

海外旅行保険 プラス(有料)がふさわしいケースとは

海外旅行保険 プラスがふさわしいケースは「長期間海外に滞在する場合」と「カード会員でない家族にも保険適用としたい場合」です。

それぞれ詳細をチェックしたいと思います。

長期間海外に滞在するケース

長期にわたる留学や出張ではそれだけ病気やケガをする可能性が高くなります。

例えば6ヶ月の留学・出張といったケースを考えてみましょう。

皆さんはここ半年で風邪をひいたり突然の腰痛を発症したり、あるいは歯の詰め物が外れたりといったケースで病院を訪れた方は少なくないはずです。

慣れ親しんだ日本国内ですら病院に行っているのですから、環境の違う海外生活ですと病院に行く可能性はますます高くなります。

長期にわたる留学や出張の予定がある方は、海外旅行保険 プラスへの加入をおすすめします。

カード会員でない家族にも保険適用としたい場合

カード会員が1人旅というのなら気にする必要はありませんが、家族と旅行するという場合、家族の保険についても考えておく必要があります。

ダイナースクラブカードで海外保険が適用されるのはカード本会員や家族会員のみです。

一緒に旅行を楽しんでいる家族には保険が適用されません。それでは安心して旅を楽しめないですよね。

そこで海外旅行保険 プラス(有料)の出番です。

プランによってカード会員本人に加えて、家族や友人も加入することができます

子供や親であれば、本人が加入しなくても保険に加入することが可能です。

会員本人はカード付帯の保険でカバーすれば、出費を抑えることにつながります。

ダイナースクラブカードの家族特約

旅行する夫婦

ダイナースクラブカードの海外旅行保険には残念ながら家族特約はついていません

保険適用となるのはあくまでもカード会員のみとなっています。

ですから、家族旅行で海外を訪れるという場合には注意が必要です。

先に紹介した海外旅行保険 プラス(有料)に加入するか、もしくは家族カードの発行を検討してみてください。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点

スマホで確認する女性

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点
  • ダイナースクラブカードの海外旅行保険には家族特約がない
海外旅行保険の弱点をリカバーする方法
  • 海外旅行保険 プラス(有料)で家族もカバーする
  • 年会費がお得な家族カードへの加入もおすすめ

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の弱点は、カード会員のみに保険が適用されるというところです。

家族と旅行に行く場合、同行の家族には保険が適用されません。

家族も保険適用としたい場合には、海外旅行保険 プラス(有料)に加入するか、家族カードの会員となる必要があります。

なお、ダイナースクラブカードの家族カードは年会費が5,500円と本カードの年会費と比較してリーズナブルです。

家族に関してカードを使う機会がそれなりにあるのなら、家族カードの申し込みも検討してみてください。

海外保険の補償内容は本会員と同様ですし、空港ラウンジが使えるなど、ダイナースならではのさまざまなサービスを享受できます。

また、カード利用のポイントがまとめて貯められるので、貯めたポイントをマイルに交換し家族旅行に出かけるといったことも出来るでしょう。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険で他より優れている点

女性

ダイナースクラブカード海外旅行保険のおすすめポイント
  • 補償内容が充実している
  • カードを持っているだけで保険適用対象(自動付帯)

続いてはダイナースクラブカードの海外旅行保険で、他社クレジットカードよりも優れている点について紹介していきます。

充実の補償内容

まず挙げられるのが充実の補償内容です。

ここまで紹介してきた通り、旅行代金をカードで支払った場合(利用付帯)には、傷害死亡・後遺障害が最大1億円です。

カードで支払っていない場合(自動付帯)でも最大5,000万円の補償がつきます。

また傷害治療費用も最大300万円です。安心して海外旅行が楽しめます。

カードを持っているだけで保険適用対象(自動付帯)

カードを持っているだけで海外保険の対象となる自動付帯というのもダイナースクラブカードの大きなメリットです。

他のクレジットカードの海外保険と組み合わせることで補償内容を厚くすることもできますし、「明日から急に海外出張」といったバタバタの海外でも安心です。

世界中を飛び回る、忙しいビジネスパーソンもぜひ検討してみてください。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険の使い方

笑顔の女性

保険利用のポイントをチェック
  • 海外でのトラブル時にはエマージェンシーアシスタンスに連絡
  • エマージェンシーアシスタンスの番号は国ごとに異なる
  • 帰国後の連絡は三井住友海上ダイナースデスクに

続いてはダイナースクラブカードの海外旅行保険の使い方について解説しておきます。

海外旅行保険は使わずに済むというのが一番なのですが、もしものために使い方を理解しておきましょう。

海外で何かあった場合

海外で何かがあった場合、何はともあれエマージェンシーアシスタンスに連絡です。

365日、24時間、日本語にて対応してくれます。

海外でのハプニングに気が動転してしまうこともあるはずですが、日本語で対応してもらえるとそれだけで気分が落ち着きます。

必要があれば病院の手配なども担当してくれるので安心です。

エマージェンシーアシスタンスの電話番号は訪問国によって異なるため、詳細については「保険サービスご利用の手引き」にてご確認ください。

また旅行前に控えておいて、いつでも電話できる状態にしておきましょう。

携帯を紛失した…なんてこともあるはずなので、紙にメモしておくこともお忘れなく。

帰国後に連絡したい場合

海外での事故の影響が帰国後に出たというケースもあるものです。

日本に戻った後は三井住友海上ダイナースデスクが対応してくれます。

電話番号は下記です。

三井住友海上ダイナースデスク

0120-170-785

ダイナースクラブカードの番号などが必要なので、カードを手元に用意して電話することをおすすめします。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険は充実の内容

海外旅行

ダイナースクラブカード海外旅行保険のおさらい
  • 傷害死亡・後遺障害が最大1億円など充実の補償内容
  • 自動付帯つきなのでカードを持っているだけで安心
  • 補償内容を厚くしたい場合には海外旅行保険プラス(有料)がおすすめ
  • 家族特約はないので家族旅行時には注意が必要

以上、ダイナースクラブカードの海外旅行保険について紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか。

ダイナースクラブカードの海外旅行保険は充実の補償内容です。

また自動付帯もあるため、ダイナースクラブカードの会員というだけで、保険の対象となります。

また長期出張や同行の家族分の保険も欲しいという場合には海外旅行保険 プラス(有料)がおすすめです。

これらを上手に利用して、安心の海外旅行・生活をお楽しみください。