クレジットカードおすすめランキング

空港ラウンジを1番多く無料利用できるクレジットカードはどれ?【2020年版】

空港ラウンジ

旅行や出張で空港を利用する際、空港ラウンジが使えるとうれしいですよね。

一般的にゴールドカード以上のクレジットカードでは空港ラウンジを無料で利用できます。

しかし、利用できるラウンジの数や種類はカードによって異なります。

では、空港ラウンジを1番多く無料利用できるのはどのクレジットカードなのでしょうか?

今回は無料利用できる空港ラウンジが多いおすすめのクレジットカード(2020年版)をまとめました。

空港ラウンジを無料利用できるおすすめのカード
  • 楽天プレミアムカード
  • MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード
  • JALアメックス・カード・プラチナ
  • ダイナースクラブカード
  • ANAダイナースカード

空港ラウンジを1番多く無料利用できるのはどのカード?

空港ラウンジを1番多く無料利用できるクレジットカードはどれなのか、気になるかもしれません。

しかし、実はゴールド以上のカードであれば基本的にどのカードでも無料利用できる空港ラウンジの数はほぼ同じです。

多くのカードでは、無料利用できる空港ラウンジは国内の主要29空港+海外2空港に限られています。

  • 北海道:新千歳空港、函館空港、旭川空港
  • 東北:青森空港、秋田空港、仙台国際空港
  • 北陸:新潟空港、富山空港、小松空港
  • 関東:成田国際空港、羽田空港
  • 中部:中部国際空港セントレア、富士山静岡空港
  • 近畿:関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
  • 中国:岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港
  • 四国:高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港
  • 九州:福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、鹿児島空港
  • 沖縄:那覇空港
  • 海外:ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港

年会費が安い一部のゴールドカードではもっと使える空港が少なかったり、回数が制限されていたりします。

例えば年会費が2,000円(+税)の楽天ゴールドカードは上記の空港全て使えますが、無料なのは年2回までです。

また、年会費無料のイオンゴールドカードは、利用できる空港が羽田・成田・新千歳・伊丹・福岡・那覇に限られています。

そういったカードを除くと、ゴールド以上のカードでは基本的にどのカードも使えるラウンジはほぼ同じです。

上記以外の空港ラウンジ、言い換えれば海外の空港ラウンジも無料で利用したい場合は以下いずれかのクレジットカードを選ぶ必要があります。

  • プライオリティ・パス付きのクレジットカード
  • ダイナースクラブのクレジットカード

プライオリティ・パスは世界1,300以上のラウンジが無料

プライオリティ・パス
プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジが利用できるサービスです。

利用できるラウンジは1,300ヶ所以上にも及びます。

空港ラウンジサービスは他にもありますが、無料で利用できる空港ラウンジが最も多いのはプライオリティ・パスでしょう。

通常、プライオリティ・パスを利用するには年会費を支払い会員になる必要があります。

会員プラン年会費ラウンジ利用料
スタンダードUS$99
(10,884円)
US$32(3,518円)
スタンダード・プラスUS$299
(32,872円)
10回まで:無料
11回目以降:US$32(3,518円)
プレステージUS$429
(47,165円)
無料

※2020/1/22時点のドル円換算です。

プライオリティ・パスには3種類のプランがあり、最も高額な「プレステージ会員」なら空港ラウンジが使い放題です。

クレジットカードの中には、このプライオリティ・パス(プレステージ会員)の年会費が無料になるカードがあります。

プライオリティ・パス付きのカードなら国内31空港海外2空港に加えて、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジが無料で使い放題です。

つまり、プライオリティ・パスが無料で使えるカードこそ、空港ラウンジを1番多く無料利用できるクレジットカードと言えます。

ダイナースクラブは1,000ヶ所以上の空港ラウンジが無料

さきほどゴールド以上のカードで使える空港ラウンジはほぼ共通と述べました。

しかし、数あるクレジットカードの中でも「ダイナースクラブ」のクレジットカードは無料利用できる空港ラウンジが多いです。

国内の主要空港に加えて、世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます

プライオリティ・パスと比べると利用できるラウンジ数はやや少ないですが、以下のようなメリットがあります。

  • 別途申し込みをする必要がない
  • クレジットカードだけでラウンジに入れる
  • 有効期限がない(プライオリティ・パスは更新が必要)

また、主要な国際空港はすべてカバーしているので、使い勝手はプライオリティ・パスと変わりません。

したがって、ダイナースクラブも空港ラウンジを1番多く無料利用できるクレジットカードの1つと言っても差し支えないでしょう。

空港ラウンジを無料利用できるおすすめのカード

空港ラウンジを1番多く無料利用できるのはプライオリティ・パス付きのカードか、ダイナースクラブカードです。

プライオリティ・パス付きのカードはたくさんありますし、ダイナースクラブカードも数種類用意されています。

そこで、空港ラウンジを無料利用できるクレジットカードの中から、とくにおすすめのものをピックアップしてみました。

プライオリティ・パス付きのおすすめカード

まずはプライオリティ・パス付きのおすすめカードからです。

プライオリティ・パス付きのおすすめカード
  • 楽天プレミアムカード
  • MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード
  • ANAアメックス・カード・プラチナ

上記のカードはいずれもラウンジ利用料が無料になる「プレステージ会員」に無料で登録可能です。

年会費がプライオリティ・パスの年会費より安いため、普通にプライオリティ・パスに入るよりもお得です。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード(VISA)

項目内容
年会費10,000円(+税)
対応ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメリカン・エキスプレス
ポイント還元率1.0%
利用可能な空港ラウンジ国内:31空港
海外:2空港
プライオリティ・パス:1,300ヶ所以上
国内でも人気が高い「楽天カード」のゴールドカードです。

国内31ヶ所、海外2ヵ所の空港を無料で何度でも利用できる上、プライオリティ・パスが無料で発行可能です。

プレステージ会員に登録されるので、回数無制限で世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できます。

10,000円の年会費でUS$429(約47,000円)の年会費がかかるプレステージ会員になれるのはかなりお得です。

プライオリティ・パスだけで年会費の元が取れますね。

最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険と最高300万円のショッピング保険がついており、安心して旅行に行くことができます。

また、3つの優待サービスが用意されており、自分に合ったものを選ぶことが可能です。

  • 楽天市場コース:毎週火曜と木曜日は楽天市場のポイントが+1倍
  • トラベルコース:楽天トラベルのポイント+1倍、手荷物無料配送、国内宿泊優待
  • エンタメコース:Rakuten TVと楽天ブックス利用時のポイント+1倍

トラベルコースを選ぶと手荷物無料配送サービスと専用デスクからの国内宿泊予約が利用できます。

旅行によく行く人は、トラベルコースがおすすめです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

項目内容
年会費20,000円(+税)
対応ブランドアメリカン・エキスプレス
ポイント還元率0.2~0.5%
利用可能な空港ラウンジ国内:31空港
海外:1空港
プライオリティ・パス:1,300ヶ所以上

20,000円(+税)という手頃な年会費が魅力のプラチナカードです。

国内31ヶ所、海外1ヶ所の空港を無料で何度でも利用できます。

楽天プレミアムカード同様、プレステージ会員のプライオリティ・パスが無料です。

しかも本会員だけでなく、家族カード会員もプライオリティ・パスに無料で登録できます。

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスに無料登録できるのが本会員に限られます。

夫婦や家族で海外旅行に行くならMUFGプラチナ・アメックス・カードのほうが安いです。

プラチナカードということで、各種付帯サービスや保険も充実しています。

  • 旅行傷害保険は海外1億円、国内5,000万円
  • 300万円のショッピング保険
  • 国内・海外渡航便遅延保険
  • 手荷物空港宅配サービス
  • 厳選レストランを2名以上利用で1名無料

手ごろな価格でプライオリティ・パスと手厚い付帯サービスを利用したい人におすすめです。

JALアメリカン・エキスプレス・カード・プラチナ

JALカード プラチナ

項目内容
年会費31,000円(+税)
対応ブランドアメリカン・エキスプレス
ポイント還元率1.0%
利用可能な空港ラウンジ国内:28空港
海外:1空港
プライオリティ・パス:1,300ヶ所以上

さきほど紹介した「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」にJALカードの特典が融合されたカードです。

本カードもプライオリティ・パスのプレミアステージが無料で利用できます。

家族カード会員も無料でプライオリティ・パスが使えるので、家族で海外旅行に行く人におすすめです。

JALアメックス・カード・プラチナはJALマイルが貯まりやすいのも特徴です。

通常3,000円の年会費がかかる「ショッピングマイル・プレミアム」に無料で登録されます。

お買い物時のJALマイル還元率が2倍になり、100円で1マイル貯まります。

JALグループの航空券や対象商品を購入すると100円で2マイルが追加で貯まる「アドオン・マイル」も利用可能です。

さらにフライト時にもらえる「ボーナスマイル」がアップします。

  • カード作成後初めての搭乗で5,000マイル
  • 毎年初回搭乗時に2,000マイル
  • 搭乗する度にもらえるフライトマイルが25%プラス

空港ラウンジを利用しつつ、JALマイルをお得に貯めたい人におすすめです。

ダイナースクラブのおすすめカード

続いてはダイナースクラブのおすすめカードです。

ダイナースクラブのおすすめカード
  • ダイナースクラブカード
  • ANAダイナースカード

ダイナースクラブカード

Diners Club Card

項目内容
年会費22,000円(+税)
対応ブランドダイナースクラブ
ポイント還元率1.0%
利用可能な空港数国内:31空港
海外:1,000ヶ所以上

ダイナースクラブのもっともスタンダードなクレジットカードです。

国内の主要な31の空港に加えて、世界1,000ヶ所以上の空港のラウンジを無料で利用可能です。

本会員はもちろん、家族カード会員も無料でラウンジを使えます

1,300ヶ所以上使えるプライオリティ・パスと比べると利用可所がやや少ないですが、主要な空港ラウンジはすべて網羅しています。

ダイナースクラブカードを持っていれば、プライオリティ・パスは不要でしょう。

また、ダイナースクラブカードは他のカードを寄せ付けない充実した付帯サービスが魅力です。

  • 旅行傷害保険は国内・海外ともに最高1億円
  • 500万円のショッピング保険
  • 自宅と空港間の送迎タクシーが無料または特別料金で利用可能
  • 空港から自宅まで手荷物1つを無料宅配
  • 旅行中は指定駐車場を無料で利用可能
  • 対象レストランのコース料金が1名分または2名分無料

付帯サービスを重視するなら、ダイナースクラブカードがおすすめです。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

項目内容
年会費27,000円(+税)
対応ブランドダイナースクラブ
ポイント還元率1.0%
利用可能な空港数国内:31空港
海外:1,000ヶ所以上

ダイナースクラブとANAが提携して発行するクレジットカードです。

ダイナースクラブカード同様、世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます

家族カード会員も、もちろん利用可能です。

ダイナースクラブカードの優待に加えて、ANAマイルが貯まりやすいという特典もあります。

ANAダイナースクラブカードを利用すると100円につき1ポイントが貯まります。

1ポイント=1マイルのレートでANAマイルと交換可能なので、マイル還元率は1.0%です。

通常のANAカードだとマイルに移行する際に年間6,000円前後の移行手数料がかかります。

ANAダイナースクラブカードは移行手数料がかからないので、無駄なくポイントを貯められます。

また、搭乗する際にもらえるボーナスマイルが通常のANAカードより多いです。

  • カード作成後初めての搭乗で2,000マイル
  • 毎年初回搭乗時に2,000マイル
  • 搭乗する度にもらえる搭乗ボーナスマイルが25%プラス

ダイナースクラブカードの手厚い付帯サービスを利用しつつ、ANAマイルを貯めたい人におすすめです。

空港ラウンジの無料利用で優雅な旅を

以上、空港ラウンジを1番多く無料利用できるクレジットカードを紹介しました。

空港ラウンジを無料利用できるおすすめのカード
  • 楽天プレミアムカード
  • MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード
  • JALアメックス・カード・プラチナ
  • ダイナースクラブカード
  • ANAダイナースカード

空港ラウンジを1番多く無料利用できるのはプライオリティ・パスの「プレステージ会員」が付いているクレジットカードです。

プレステージ会員なら1,300ヶ所以上の空港ラウンジを何度でも無料で利用できます。

また、付帯サービスも重視するなら「ダイナースクラブ」もおすすめです。

利用できるラウンジ数はプライオリティ・パスよりやや少ないですが、それでも世界1,000ヶ所以上のラウンジが利用できます。

プライオリティ・パス付きのカード、もしくはダイナースクラブのカードがあれば、空港での待ち時間も優雅な時間に変わりますよ。

ゴールドカードで空港ラウンジをスマートに利用する方法【国内・海外対応】

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定