家族カードとは?メリットとクレジットカードの特典を最大限生かす方法

クレジットカードの「家族カード」について詳しく解説します!

クレジットカードを作る際にはカード会社の審査に通る必要があるため、収入の少ない主婦や学生では審査に通らず、クレジットカードが作れないことも多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが「家族カード」です。

家族カードは通常のクレジットカードよりも作りやすく、年会費も安くなります。

その上でサービス内容は通常のクレジットカードとほぼ同じです。

家族カードの特徴
  • クレジットカード所有者の家族が持てるカード
  • 本会員と生計を同一にする家族(配偶者や親など)が作れる
  • 収入が少ない家族でも作りやすい
  • 年会費が安くなる
  • 本カードと同じ付帯サービスが利用できる
  • 支払いやポイントは本会員にまとめられる

本記事では家族カードの基礎知識や申し込む条件、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。

また、後半では家族カードの特典を最大限生かす方法や、家族カードを作るのにおすすめのカードも紹介します。

トップ画像引用元:家族カードのご案内 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

家族カードとは


家族カードとは、クレジットカード所有者(本会員)の家族が持てるクレジットカードのことです。

すでに契約しているクレジットカードの追加オプションとして家族用のクレジットカードを発行します。

例えば夫が契約しているクレジットカードに追加で妻の家族カードを発行する、といった形です。

この場合、あくまでも契約者(本会員)は夫になりますが、家族カードの名義は利用者本人のものになります。

夫のカードに追加で妻の家族カードを作った場合、その家族カードの名義は「妻」です。

家族カードを発行する条件

家族カードを発行するには主に以下の条件を満たす必要があります。

  • 18歳以上
  • 本会員と生計を同一にする配偶者、親、子供

家族カードを持てるのは本会員と生計を同一にする18歳以上の配偶者、親、子供です。

生計を同一にしていれば離れて暮らしている家族も対象ですし、逆に同居していても生計を同一にしていなかったり、恋人や内縁関係などでは家族カードを発行できません。

家族カードの細かい条件はカード会社によって異なります。中には配偶者、親、子供以外の人も発行できる会社もあります。

詳細は各カード会社に問い合わせてみましょう。

家族カードの申し込み手順

家族カードを申し込む手順は本カードをこれから作る場合と、すでに本カードを利用している場合で異なります。

  • これから本カードを作る:本カードと同時に申し込む
  • すでに本カードを発行している:家族カードを追加で申し込む

家族カードの申し込みも、通常のクレジットカードと同じく審査があります。

家族カードの審査でも審査対象は本カード会員なので、家族カードを申し込む家族の本人確認書類などは原則不要です。

料金の引き落としは本カード会員がまとめて行うので、引き落とし口座の設定もいりません。

家族カードのメリット

家族カードには以下のようなメリットがあります。

  • 収入の少ない家族でも作りやすい
  • 年会費が安くなる
  • 本カードと同じ特典が利用できる
  • ポイントがたくさん貯まる

収入の少ない家族でも作りやすい

家族カードは収入が少ない(あるいは全くない)家族でも作りやすいのがメリットです。

クレジットカードを取得するにはカード会社の審査に通る必要があります。

審査の内容はカード会社によってさまざまですが、基本的には収入が大きく影響します。

そのため収入が少ない、あるいは全くない主婦や学生はクレジットカードを作りにくいです。

一方、家族カードはカードの利用者本人ではなく本会員に対して審査が行われます。

利用者本人の収入が少なくても、カードが作りやすいわけですね。

しかも本会員はカード会社の審査を一度通過しています。

カード作成後に何度も支払遅延を起こしているなど、よほど大きな理由がない限りは審査に落ちて家族カードが作れないということはないでしょう。

年会費が安くなる

家族カードを利用すると年会費が安くなります。

実際の年会費はカードによってバラバラですが、多くの家族カードは1枚目が無料、2枚目以降も本会員より安いです。

例えば「dカード GOLD」の年会費は本会員だと10,000円ですが、家族カードの1枚目は無料、2枚目以降は1,000円です。

夫婦2人と子供1人が本会員になると年会費は合計30,000円ですが、本会員1人+家族会員2人なら合計11,000円に抑えられます。

家族が個別にカードを契約するよりも、家族カードを作ったほうがトータルの年会費を抑えられます。

付帯サービスは本カードとほぼ同じ

家族カードは作りやすく、年会費も安くなるということでした。

それにもかかわらず、旅行保険やラウンジ利用など、利用できる付帯サービスは本カードとほぼ同じです。

家族カードだからといってサービスや機能が制限されることはありません。

ただし、カードによっては家族カードだと使えない付帯サービスや特典があります。詳細は事前にカード会社に問い合わせてみましょう。

ポイントが1つにまとまる(貯めやすい)

家族カードを利用すると、そのカードの「ポイント」が貯まりやすくなります

クレジットカードの多くは利用額に応じてポイントが貯まります。これは家族カードも同じです。

例えば「楽天カード」なら本カードでも家族カードでも利用額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

家族カードで取得したポイントはすべて本会員のカードに集約されます

家族が買い物などで手に入れたポイントが1つに集約されるので、バラバラでカードを使うよりもポイントを貯めやすいです。

家族カードのデメリット

家族カードには数多くのメリットがある一方、いくつかのデメリットもあります。

  • 1人あたりの利用可能枠が少なくなる
  • 家族カードの請求はまとめて本会員に行く
  • 本会員が解約すると家族カードもすべて解約される
  • キャンペーンの対象外になることがある

1人あたりの利用可能枠が少なくなる

家族カードを作ると、1人あたりの利用可能枠が少なくなります

クレジットカードは「月30万円まで」といったように1ヶ月の利用可能枠が決まっています。

家族カードの利用可能枠は本カードと共有です。つまり、家族カードを発行すればするほど、1人あたりの利用可能枠が少なくなります。

例えば利用可能枠が50万円のクレジットカードがあるとします。

夫婦が別々にカードを発行する(両方が本会員となる)場合は、それぞれが月50万円まで利用可能です。

しかし、夫が本カードを発行し、妻が家族カードを利用する場合の利用可能枠は2人合わせて50万円になります。

極端な話、1人が50万円利用すればもう1人は全く利用できなくなってしまいます。

家族カードを利用する場合は利用可能枠を多めに設定するなどの工夫をしましょう。

家族カードの利用金額はまとめて本会員に請求される

家族カードの料金はすべて本カードとまとめて請求されます。原則、支払いを分けることができません

請求が本会員にまとめられるため、他の家族が何にカードを使ったのかが本会員に分かってしまいます

ただし、中には引き落とし口座を分けられるクレジットカードもあります。

家族カードを利用したいけど支払いを分けたい人は、引き落とし口座を分けられるクレジットカードを選びましょう。

本会員が解約すると家族カードも解約される

家族カードはあくまでも本会員のクレジットカードのオプションのようなものです。

そのため、本会員がクレジットカードを解約するとその家族カードもすべて解約されます。

本会員が亡くなってしまった場合も、残りの家族カードはすべて解約です。家族カードだけを利用し続けることはできません。

キャンペーンの対象外になることがある

クレジットカードによっては入会するだけでポイントがもらえるような入会特典・キャンペーンを実施しています。

しかし、そういったキャンペーンは家族カードが対象外であることがほとんどです。

キャンペーン目当てなら、家族カードを利用せず個別に契約したほうがいいでしょう。

ただし、カードによっては逆に家族カードの発行が条件のキャンペーンを実施していることもあります。

家族カードを申し込む場合は、キャンペーンが適用できないかどうかを事前にチェックしましょう。

次のページでは家族カードの特典を最大限に生かす方法と、家族カードがおすすめのクレジットカードを紹介します。
dカード GOLDの家族カードは作るべき?メリットとデメリットを解説